• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ソマリアの「海賊ビジネス」

海賊に憧れ罪を犯す少年を救え

2012年11月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 海賊モノはなぜ人気があるのだろう?

 少年マンガ「ONE PIECE」(ワンピース)は、累計発行部数で国内最高の2億7000万部を突破。映画「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズは、史上最速で世界興行収入10億ドル突破を含め、計15の世界興行記録を打ち立てた。

 ほかにも「宝島」「小さなバイキングビッケ」「海賊ブラッド 」「キャプテンキッド」などなど、海賊をテーマにしたアニメ、映画、小説は数えきれない。

 海賊の魅力とは、遥か彼方、国を超え、海を渡り、愛と友情、憎しみと悲しみ、戦いと和解、様々なテーマとキャラクターを盛り込みながら、私たちを夢と冒険の世界に連れていってくれるからだろうか。

1日1件以上の海賊事件が発生

 海賊は実在のものである。

 驚いたことに、紀元前4世紀、アリストテレスの著書「政治学」の中で海賊は職業の1つとして数えられている。

 8世紀から12世紀にかけては、ノルマン人のヴァイキングがヨーロッパ各地を侵略・席巻し、16世紀にはオランダのゼーゴイセンがスペイン船やカトリック教会を標的に暴れまくっている。

 16世紀後半の大航海時代になると、西欧諸国が海軍力を補うため推奨した私掠船が敵国の船舶を襲い、16~19世紀にはイスラム教徒のバルバリア海賊が世界中で略奪行為を繰り返した。

 17世紀から18世紀にはディズニーランドでおなじみのカリブの海賊、バッカニアがスペイン領を中心に荒らしまわり、18世紀から19世紀にかけてはアラブの海賊がインド洋でイギリス東インド会社の船などを襲撃していた。「降伏すれば命は保証、抵抗すれば皆殺し」を示す海賊旗、ジョリー・ロジャーが使われはじめたのもこの頃からである。

 海賊は遠い国の話と思いきや、日本人も14世紀には中国・朝鮮の沿岸部を襲い、「倭寇」として恐れられた。日本国内でも平安時代以降、瀬戸内海を中心に船や沿岸部の村々の襲撃・略奪を行う「海賊衆」が出現。その後、彼らは「水軍」として海上軍事に利用されている。

海賊の街の港を護衛する民兵(写真はソマリア北部の街にて著者撮影、以下同)

コメント0

「終わりなき戦い」のバックナンバー

一覧

「ソマリアの「海賊ビジネス」」の著者

國井 修

國井 修(くにい・おさむ)

「グローバルファンド」戦略・投資・効果局長

国際緊急援助NGO副代表として、ソマリア、カンボジアなどの緊急医療援助に従事。国立国際医療センター、外務省、UNICEFニューヨーク本部、同ミャンマー事務所、同ソマリア支援センターなどを経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授