• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

安倍氏は“タカ派”か“氷を溶かした人か”

期待と不安半ばに手の内をうかがっている

2012年12月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 衆院選挙が終わった。民主党の惨敗ぶりと自民党の圧勝ぶりがここまでとは、私もさすがに思わなかった。民主党にもいい政治家はいるので、もともと自民党寄りの私ですら、少々気の毒に思う。

 もっとも自民党側は、この投票結果が自民党支持よりも民主党政権不支持の結果であることは分かっているようで、インタビューに答える安倍晋三総裁の表情も硬かった。

 どこが政権を担おうが、誰が首相になろうが、今の日本の運営が極めて困難であることは変わりなく、26日にも組閣されるであろう安倍新内閣は何をやっても、厳しい抵抗や批判にあうことは想像に難くない。願わくば、本筋と関係ない揚げ足とりのような揶揄に振り回されることのなく、政治に専念できる政権であってほしいものだ。

 ところで、間もなく誕生する安倍新政権に中国側はどのような期待を寄せているのだろうか。今回のコラムは中国側が安倍新政権をどのように見ているのか探ってみる。

安倍政権が日中関係を悪化させない根拠を探している

 公式メディアの報道を見るに、「右翼の安倍政権」への懸念を示す報道もあるが、間もなく登場する2度目の安倍政権に対しては比較的冷静に受け止めている。「日本メディアによれば、安倍自民党総裁は日中の新たな戦略的互恵関係の構築を考えている。釣魚島問題については日中経済およびその他の関係にできるだけ影響を与えさせないようにする、と話している」(中国新聞)といった報道も多い。

 むしろ、ネットユーザーが好き放題言える百度掲示板では「安倍晋三」のキーワードでスレッドが立たないようにしており、「安倍論評はひとまず様子見」の姿勢だ。

 反日的報道で売り上げを伸ばす大衆紙・環球時報ですら、「選挙戦では尖閣に公務員を派遣するといった強硬な発言をしているが、その可能性は大きくない。安倍氏は首相になれば、まず日中関係の修復に動く」という在日米学者・ジェフ・キングストン氏の「外交政策」誌上の発言を引用する台湾中央通信の記事をわざわざ引用転載している。つまり、中国側は、安倍政権が日中関係を悪化させないという根拠を探し求めている。

 知日派中国人の「安倍観」については、「A級戦犯容疑者・岸信介の孫でばりばりのタカ派」とい見方と、2006年から2007年の最初の首相時代は日中関係修復に努めた「氷を溶かした人」であったという記憶の両方が共存する。

 振り返れば、安倍氏は小泉純一郎政権時代には内閣副官房長官、官房長官を務めた。小泉政権は靖国参拝問題で中国との関係が冷え込んだと言われるが、政冷経熱と言われるように経済交流を含む民間レベルの交流や次官級クラス以下の交流は盛んだった。それこそ、テーブルの上で罵倒し合いながら、テーブルの下で握手する「中国的理想の外交」そのものであったかもしれない。なので、この時代の安倍氏に対するイメージは、官僚らの間では実務派政治家であった。

コメント13件コメント/レビュー

いや、政権の揚げ足を取ったり足を引っ張るのはあなた方メディアでしょうに、とまず突込みがはいりました。100日はハネムーン期間ですよ。せめてその間は自重してほしいものです。無理でしょうが。(2012/12/20)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「安倍氏は“タカ派”か“氷を溶かした人か”」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いや、政権の揚げ足を取ったり足を引っ張るのはあなた方メディアでしょうに、とまず突込みがはいりました。100日はハネムーン期間ですよ。せめてその間は自重してほしいものです。無理でしょうが。(2012/12/20)

私は、今回の衆院選の結果、憲法9条の改正はほぼ決まったと考えています。阿部政権によっぽどの失政がない限り、来夏の参院選も勝って、両院で9条改正賛成派が3分の2を占めるのは確実です。憲法9条改正が動き出した場時、中国がどう出るか見ものです。(2012/12/19)

安倍さんは,近年まれにみるマトモな政治家だ.是非,長期政権を築いて日本をまともな国にして欲しい.一方.習近平は今一つわからないが,中国を国際目線で客観的に観ることができる人物と期待している.どちらも世襲的政治家であり,相通じるものがあるのではないか? 日本のサヨク脳や経済売国勢力,中国の中華脳の抵抗を排して,関係を真の意味で正常化させて欲しい.(2012/12/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長