• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

100億円規模の資産を海外に持ち出す腐敗分子たち

習近平総書記が憂える党員腐敗の深刻化

2012年12月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2012年11月15日に開催された中国共産党第18期中央委員会第1回全体会議(1中全会)で総書記に選出された“習近平”は、11月17日に総書記就任後に初めて開催された18期中央政治局第1回集団学習会で演説を行い、党員の腐敗問題に言及して次のように述べた。

習近平が腐敗の撲滅を訴える

 腐敗に反対し、廉潔な政治を打ち立て、党の組織を健全に保つことは、我が党が終始一貫して堅持している明確な政治的立場である。党の廉潔な政治制度の確立は、広範な幹部大衆が終始関心を払っている重大な政治問題である。“物必先腐、而后虫生(物は腐敗してから虫が寄生する)”。ここ数年、一部の国々では長期間にわたって累積した矛盾が民衆の不満や社会不安、政権崩壊を招いているが、その中で最も重要な原因は汚職腐敗である。多くの事実が物語っているように、腐敗問題がますます深刻化すれば、遂には必然的に“亡党亡国(党が滅び、国が滅びる)”をもたらすことになる。我々はこのことに警戒心を高めねばならない。ここ数年、我が党内で発生している重大な紀律違反事件は、その性質が悪らつで、政治的影響も極度に深刻で、はらはらと心乱させるものがある。各レベルの党委員会は旗幟を鮮明にして腐敗に反対し、さらに科学的有効的に腐敗を防止し、幹部が廉潔公正、政府が清廉、政治が清明となり、共産党員の清廉公正な政治的本領を永遠に保たねばならない。

 習近平が演説の中で述べた“物必先腐、而后虫生”という言葉は、北宋の政治家で詩人、書家としても知られる“蘇軾”(1037~1101年、“蘇東坡”と呼ばれる)が若い頃に書いたと言われる政治論文『範増論』からの引用であった。“範増”とは秦朝(紀元前221年~紀元前206年)滅亡後に漢王の“劉邦”と政権を争った西楚の覇王“項羽”の策士である。蘇軾の『範増論』は範増と項羽の間の複雑な関係から説き起こし、当時最強であったはずの項羽が何故に最終的に紀元前202年の「垓下(かいか)の戦い」で劉邦に敗れて滅ばねばならなかったかを論じた論文である。

 中国法学会理事の“光潜”が2012年12月18日付で書いたブログによれば、“物必先腐、而后虫生”という言葉は分かりにくいので、同じ意味の成語“皮之不存、毛将焉附(皮がなくなれば、毛はどこに付くのか)”で考えると分かりやすいという。すなわち、「物事は基礎がなければ存続できない」という意味で、習近平は「中国共産党が腐敗して基礎が崩れれば存続できない」という事態の切迫性を強調したのであった。

 習近平が“亡党亡国”を憂えるほどに、党員による腐敗問題が中国共産党に大きな影を投げかけていることになるが、その実態はどのようなものか。最近報じられたニュースを取りまとめると次のようになる。

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「100億円規模の資産を海外に持ち出す腐敗分子たち」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長