• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

会議で高級タバコを吸うな!

中国ネットで話題の「役人の新十戒」

2013年1月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国のネット上で“官場新十大警示(役人の新十戒)”という言葉が流行している。その中に中国の世相が見て取れる。「新」と言う以上はその原点となる「旧」があるはずなので、ネット検索で探してみると、2009年12月頃の記事に「インターネット時代の公務員、十条の戒律」というのが見つかった。物には順序があるので、その旧版から見てみると次の通りである。

【インターネット時代の公務員、十条の戒律】

1.嘘を言わない(取材を受けた時に)
2.“貴煙(高価なタバコ)”を吸わない(会議で写真を撮る時に)
3.“名表(ブランド腕時計)”を身につけない(会議で発言する時に)
4.“名車(高級車)”を運転しない(公務で写真を撮る時に)
5.傘をささない(現場視察の時に)<注1>
6.論文の盗作をしない(文章を参考にして作文する時に)
7.美女や“師哥(イケメン)”を見ない(会議で発言を聞く時に)
8.ネットユーザーを捕まえない(ネット上で罵倒された時に)
9.気軽に笑わない(災難が発生した時に)
10. 自ら災いを招かない(突発危機が発生した時に)

<注1>実際には「傘をさしかけてもらわない」の意味。

 これが新版では次のように変化する。

【役人の新十戒】

(1)取材を受けた際にはデタラメを言わない
(2)会議で発言する際には“貴煙(高級タバコ)”を吸わない
(3)業務上の交際では“名表(ブランド腕時計)”を身につけない
(4)公務の活動では“名車(高級車)”を運転しない
(5)現場視察では“名鞋(ブランド靴)”をはかない
(6)大作を発表する際に名文を盗作しない
(7)人と会う約束は“微博(マイクロブログ)”に書き込まない
(8)“尋花問柳(艶っぽい話)”は日記に書かない
(9)災難が発生した時は笑顔を見せない
(10)突発事件が起こった際にはスポークスマンにはならない

 両者を比較すると、旧版と新版では多少の違いはあるものの、7と(7)、8と(8)以外は大きな変化がないように思われる。ただし、これだけでは読者には各項目が何を意味しているのか分からないはずである。このような役人の十戒が作られる背景には、当然ながらその原因となった事件が存在する。それは一体どのような事件だったのかを「役人の新十戒」の各項目別に解明してみようと思う。

コメント1

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「会議で高級タバコを吸うな!」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック