• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「南方週末」が新政権に投げたエッジボール

3歩進んで2歩下がる中国メディアの闘争

2013年1月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 少々遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。2013年も当コラムをよろしくお願いいたします。

 ごあいさつが遅れたのは、別件の取材で年末年始は中国で過ごしてきたからだ。年末を広州中心に南方をめぐり、大晦日から新年にかけては北京を中心に動いていた。

 ところで、私が中国滞在中に興味深いメディア事件が発生した。日本ではもうかなり報道されているが、「南週事件」とも呼ばれている広東省地元週刊紙「南方週末」の「新年祝辞社説差し替え事件」である。

 この差し替えに抵抗しストライキする記者たち対し、同業者や著名人や知識人たちが次々「声援」を送り、また愛読者たち数百人が新聞社前で抗議デモを行い、民主化活動家2人が国家政権転覆扇動罪容疑などで拘束されたことはすでに報道されている通りである。南方週末は10日号が無事発行され「正常運転」に戻っているが、まだメディア界では事件の残り火がくすぶっている。

 ちょうど私が広州を離れたのちに発生した事件で、残念ながら現場取材はできなかった。最近の私は「事件の神様」にあまり愛されていない。

 ただ微博などを通じて、事件の顛末が事細かに流れ、遠方にいる人でも、事件の全貌がほぼわかるようになっている。南方週末や新京報の顔見知りの記者たちが、唇をかみしめながら妥協しつつも、それでも言論・報道の自由への期待を失わずにいる様子が想像できた。この事件の全貌を改めて振り返り、中国の報道の自由への道のりにおける位置づけを考えてみたい。

事前検閲の上にさらなる紙面修正要求

 事件の流れを改めて整理しておこう。

 問題の「新年祝辞記事」が掲載されたのは1月3日号紙面だ。当初は「中国の夢、憲政の夢」とタイトルで、「憲政を実現することこそ、自由で強大な国家を建設するという中国の夢を実現することである」と訴える内容だった。この祝辞記事を含む、新年特集号(3日号)については、12月24日から広東省宣伝部当局の厳しい事前検閲を経て、そのテーマ、内容や表現は二転、三転して練り上げられた。祝辞記事は、中国が憲政の夢を実現しつつあるというポジティブな論調になった。

 編集部は1日午前3時までかけて新聞を作り上げ、正月はゆっくりと休めるはずだった。担当編集記者5人はすでに3日連続の徹夜だった。ところがゆっくり休めるはずの1日夕方に黄燦編集長と伍小峰副編集長が省宣伝部に呼び出される。そして祝辞記事を含む大幅な紙面修正を要求されたのだった。

 伍副編集長はこのとき、ブチ切れたそうである。宣伝部の事前検閲ですでに修正に修正を重ねて3日徹夜でやっと作り上げた紙面にダメ出しされれば、何のための事前検閲か。

コメント3件コメント/レビュー

そうですか。しばらく記事を見かけないと思っていたら、長期取材中でしたか。出来ればこの事件の渦中で関係者の生の声を拾って欲しかったですね。日本ではこうした事件を通じて中国イメージの固定化、それは日本国内の対中強硬派を力づける役割を果たしているわけですが、福島さんには現状は現状、不当な権力側の締め付けに対し戦っている人たちは、実は安倍首相を支えているネトウヨと言われる人たちとはまったく別の世界の志をもった人たちであるということを伝えて欲しいところです。日本では実はそのあたりが非常に曖昧にされていると感じます。(2013/01/16)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「「南方週末」が新政権に投げたエッジボール」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そうですか。しばらく記事を見かけないと思っていたら、長期取材中でしたか。出来ればこの事件の渦中で関係者の生の声を拾って欲しかったですね。日本ではこうした事件を通じて中国イメージの固定化、それは日本国内の対中強硬派を力づける役割を果たしているわけですが、福島さんには現状は現状、不当な権力側の締め付けに対し戦っている人たちは、実は安倍首相を支えているネトウヨと言われる人たちとはまったく別の世界の志をもった人たちであるということを伝えて欲しいところです。日本では実はそのあたりが非常に曖昧にされていると感じます。(2013/01/16)

中国の問題は記事に書かれているこの文章に根源があると思う、『これが天安門事件前夜レベルの運動に発展するには、もういくつか別の要素が必要だ。別の要素とは、もっと広範囲の市民の利害に直結する環境問題や政治腐敗やインフレの問題で、これに飛び火しないことには一般市民はなかなか動かない。報道の自由、検閲の問題は現場の記者たちにとっては切実なテーマだが一般大衆にとってはそこまで訴求力はない。』国民は自分の目先の利害に集中して、国民の言論の自由とか民主主義という基本的な権利に覚醒していないことでしょう。自分さえよければ、関わりたくないくせに中国という古代文明を生んだ国を誇りに思う教育を受けているから絶対に他国には負けたくない。そのように条件付けられた国民を国と周辺国はどのように付き合えば良いのだろうか。背筋が寒くなる。(2013/01/16)

(米軍占領行政当局による)「新聞用紙の配給制」と「事前検閲制」が,日本の「戦後民主主義」を特徴付けた言論統制手段であった.当時の日本の言論人たちは,どう振舞ってきたのだろうか振り返ってみると,今の中国の言論人の方が(諸条件の違いから,はるかに)骨太であるとしても,かれらの「抵抗」が過大に報じられてはいないだろうか.(2013/01/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長