• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

問われているのは、EUのlegitimacyだ

ユーロ圏諸国は政治同盟を創設できるか?(下)

2013年1月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 去年の12月13日、欧州連合(EU)は、ユーロ防衛のための戦いの中で重要な一歩を印した。EU加盟国の財務大臣たちは、ユーロ圏の大手銀行を一元的に監督する規制官庁を2014年3月に創設することで合意したのだ。

銀行監督を一元化

 ユーロ圏銀行監督庁は、欧州中央銀行(ECB)の中に設置され、総資産が300億ユーロ(約3兆円・1ユーロ=100円換算)以上、もしくは総資産が本社のある国の国内総生産(GDP)の20%を超える銀行を監督する。

 この規制官庁の最大の任務は、銀行危機の再発を防ぐことである。2009年末から続いている過重債務問題の影響で、スペインやアイルランドの銀行は危機的な状況に陥った。特にスペインでは建設バブルが崩壊し、多額の不動産融資を行っていた銀行が破綻の瀬戸際に追い込まれた。しかし同国政府は独力でこれらの金融機関を救うことができず、EUの緊急支援を受けなくてはならなかった。

 EUは、「個々の国の監督庁による規制が不十分だったことが、スペインなどの銀行危機を悪化させた」と指摘。リーマンショックが教えているように、大手銀行が破綻の危機に陥った場合、ユーロ圏全体、さらに世界の金融マーケット全体にとって「システミック・リスク(システム全体の存続を左右しかねないリスク)」となりかねない。このためEUは大手銀行への規制強化を決めた。

 さらに今回の合意によって、ESM(欧州安定化メカニズム)が銀行に対して資金を直接注入することも可能になった。スペインとイタリアが切望していた措置だ。これらにより、将来の金融危機に対する備えも厚みを増した。

リスク意識の欠如

 欧州債務危機は、銀行危機と表裏一体である。ギリシャが財政健全化の目標をほとんど達成していないにもかかわらず、EUが継続的に同国を支援し、債務不履行となるのを防いでいる理由の一つは、新たな銀行危機が発生する懸念があるからだ。ギリシャ国債が無価値になった場合、同国債を多く保有しているギリシャの大手銀行が一斉に倒産する可能性がある。それがスペインやイタリア、さらに欧州の金融マーケットに及ぼす影響は計り知れない。EU加盟国の首脳は、ギリシャがデフォルトすることを容認するという「危険な賭け」を避けたのだ。ギリシャ支援に対して厳しい姿勢を取ってきたドイツですら、強硬な態度を徐々に緩和させているのはそのためである。

 ユーロが誕生したのは1999年。通貨同盟の創設から13年たつ今日までユーロ圏共通の銀行監督庁が創設されなかったことは、ユーロの生みの親たちが持っていたリスク意識が、今日に比べると低かったことを示している。当時の政界・経済界は、一国の銀行危機が、感染力の強い病原菌のように世界全体にあっという間に広がるという認識を十分には持っていなかった。

 筆者はドイツに23年前に移り住んで、通貨同盟が誕生し拡大する経緯について執筆してきた。この「リスク意識の欠如」は、官民を問わず、ユーロ誕生・形成プロセスに一貫する特徴である。現在ヨーロッパ市民が払っているのは、欧州通貨同盟がリスクマネジメントを疎かにしてきたことのつけに他ならない。

コメント0

「熊谷徹のヨーロッパ通信」のバックナンバー

一覧

「問われているのは、EUのlegitimacyだ」の著者

熊谷 徹

熊谷 徹(くまがい・とおる)

在独ジャーナリスト

NHKワシントン特派員などを務めた後、90年からドイツを拠点に過去との対決、統一後のドイツの変化、欧州の政治・経済統合、安全保障問題、エネルギー・環境問題を中心に取材、執筆を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック