• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

レーダー照準は政治の空白を狙った軍の挑発か

解放軍は共産党のもの。政府は把握していない

2013年2月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 嫌な空気である。北京からくる大気汚染のことを言っているのではない。もちろん大気汚染も嫌なのだが、何より嫌なのは、今年に入ってにわかに漂ってきた、日中間にただよう一種の“軍事的緊張感”にも似た空気。特に2月に入って明らかにされた中国のフリゲート艦からの日本の護衛艦や護衛艦搭載のヘリコプターに射撃管制用のレーダー(FCレーダー)照射が当てられた事件で、にわかに日本国内も騒然としだした。

 小野寺五典・防衛大臣が「大変異常なことであり、一歩間違えると、危険な状況に陥る」と強い危機感を示し、外交ルートで中国に厳重抗議を入れたそうだ。2月5日から6日かけてテレビでは、専門家の方々がいろいろな分析コメントを出している。

外交部は知らなかった?

 私のところへも、コメント依頼や問い合わせがあった。正直に言うと、私は外信部記者出身のくせに軍事についてはドシロートである。一般に外信部記者というのは軍事オタク系が多いのだが、軍事好きが多いゆえに、もともと興味のない人間はあえて詳しくなる必要に迫られなかった。今回の件も、特に中国軍事筋から内幕を聞くといった芸当もできないので、正直に「その意図やどのレベルからの命令による行為なのかは、全くわかりません。たぶん、中国外交部も日本から抗議がきて初めて知ったくらいの話ではないでしょうか」と言っておいた。軍事素人でもいいから、と言われたので、一般的な、普通の記者でも推測できる私見を述べた。

 しかし、意外に世間には知られていないことも、あるようなので、改めてここでまとめたい。

 産経新聞による防衛相会見要旨によると、「1月30日午前10時ごろ、中国海軍江衛II級フリゲート艦1隻から、東シナ海で警戒監視中の海上自衛隊護衛艦「ゆうだち」に火器管制用レーダーのようなものの照射があった。防衛省で精査し、本日、火器管制用レーダー、いわゆる射撃用レーダーの照射と確認した。1月19日午後5時ごろにも、東シナ海において中国海軍江凱I級フリゲート艦から海自護衛艦「おおなみ」登載のSH60哨戒ヘリコプターに対して、同じような火器管制用レーダーの照射が疑われる事案が発生している。このような射撃用レーダーの発出は大変異常なことで、一歩間違うと大変危険な状況に陥る。中国側に外交ルートで申し入れを行った」ということだそうだ。

 これについて、外交部官僚および国務院政府がこの事件を日本が発表した5日の段階で知っていたか、というと私は知らなかったのではないかと見ている。

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「レーダー照準は政治の空白を狙った軍の挑発か」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長