• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アンディ・ルービンの辞任とグーグルの憂鬱

「モバイル国の乱」が普通の会社化を促す

2013年3月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 3月13日、グーグルのスマートフォンなどモバイル機器向けの基本ソフト(OS)、Android(アンドロイド)部門のトップであるアンディ・ルービンがその職を辞し、同部門はパソコン向けOSのChrome(クローム)部門と統合されることが発表された。

グーグルのAndroid部門のトップを外れることになったアンディ・ルービン氏(写真:AP/アフロ)

 こう書くと、ただの大企業の人事異動と組織変更のように聞こえるが、私にとっては、その昔「スティーブ・ジョブズがマック部門を辞任」した時と同じパターンの衝撃の事件と映った。

 現在、7億5000万人ものユーザーに使われている世界最大のモバイルOSを創り出して育ててきた大スターがその地位を離れるだけでなく、その後任がユーザーの目から見ればはるかに存在感の小さいパソコンOSの部門長であるスンダル・ピチャイ氏なのである。しかも、業績が悪いわけでもなんでもなく、むしろライバルのアップルが株価低迷で苦しむという、いわば「敵失」のチャンスが訪れているにもかかわらず、なのである。

 能天気な会社とのイメージを醸し出すグーグルだが、もちろん、大企業にありがちな社内ポリティクスと無縁ではない。本流を外れたメリッサ・メイヤーがライバルのヤフーに移った件も記憶に新しい。ルービンの異動先は発表されていないが、このことを発表したグーグルCEO、ラリー・ペイジのブログでは「グーグルの新しい章を拓く」と書かれているため、画期的新規プロダクト開発を担当するGoogle X部門か、グーグル・グラスを担当するのか、などと噂されている。

 この翌日には、同じくグーグルの重要部門であるマップ・コマース部門のトップであったジェフ・フーバーがGoogle X部門に移り、マップは検索部門に、コマースは広告部門と統合されるとも発表された。また、同時期に、RSSリーダー・サービスのGoogleリーダーを終了するなどの「春の大掃除」も行われた。

コメント2

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「アンディ・ルービンの辞任とグーグルの憂鬱」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長