• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

シェリル・サンドバーグの覚悟とデータ業界での女性の躍進

話題の著書『Lean In』は新・階級闘争にあらず

2013年4月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 最近シリコンバレーで話題の本といえば、何と言ってもシェリル・サンドバーグの「Lean In: Women, Work, and the Will to Lead」だろう。サンドバーグは現フェイスブックのCOO(最高執行責任者)であり、ヤフーのCEO(最高経営責任者)となったマリッサ・メイヤーと同じく、グーグル出身女性リーダーの双璧だ。

 タイトルは、女性が仕事の場で何かと謙遜して遠慮(hold back)する傾向があるので、そうではなく勇気を出して身を乗り出そう(lean in)という意味で使われている。

著書『Lean In』が話題を呼んでいるフェイスブックCOOのシェリル・サンドバーク(写真:AP/アフロ)

 ありがちなことに、またまたこの本はアメリカの多くの女性達からバッシングされている。例えば、ニューヨークタイムズ紙に掲載された、プリンストン大学教授のアン・マリー・スローターによる批評などがある。「若くて優秀で大金持ち(で美人?)のシェリルは、一般女性の立場とは違う」という点と、「社会の仕組みの問題でなく、女性たち自身の意識を問題にするのは、被害者を責めているようなもの」という点が代表的な反論のようだ。

 そして、これらの批判は皮肉にも、この本でサンドバーグが言っていることをそのまま反映している。種々の要因が堂々巡りとなり、米国では企業や政府の幹部での女性比率がここしばらく増えず、膠着状態が続いているのだ。

 しかし一方で、最近私が立ち回っている「ビッグデータ」の世界では、数多くの女性が活躍している様子が見られる。さて、このギャップは何なのか。

 女性問題について女性が語る時、どっちに転んでもバッシングされるのが世の常。だから私も避けてきたし、またサンドバーグ自身もそうだったということだが、彼女に倣って、あえて私も批判覚悟で語ってみよう。

コメント10件コメント/レビュー

痛快だったなぁ、誰が決めたの?女はかよわい人間と。おんなは強い人間なのよ―とは最近見た真面目な TVトーク番組の女性発言のシーン。触発されてかこのテーマがいやに目につくのだが、女性は偉い、強い、立派などと心底思っているところを伝えても幾度となく誤解される昨今、素直でない世の中、あぁイヤダイヤダ。為政者の、引用するにも気がひけるような女性蔑視の言挙げを引用するまでもなく、老若男女の意識を一度ご破算に願いましてが叶うものなら叶えてフラットにして議論してみたい。女性だ男性だと両性に区別を造ったのは誰だ、どうしてだと怒っても仕方がないから、現実的には筆者の言うダイバーシティー学習、はたまたネットワークインテリジェンス涵養等を経て時代の偏見の払拭があるのかもしれない。(2013/04/18)

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「シェリル・サンドバーグの覚悟とデータ業界での女性の躍進」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

痛快だったなぁ、誰が決めたの?女はかよわい人間と。おんなは強い人間なのよ―とは最近見た真面目な TVトーク番組の女性発言のシーン。触発されてかこのテーマがいやに目につくのだが、女性は偉い、強い、立派などと心底思っているところを伝えても幾度となく誤解される昨今、素直でない世の中、あぁイヤダイヤダ。為政者の、引用するにも気がひけるような女性蔑視の言挙げを引用するまでもなく、老若男女の意識を一度ご破算に願いましてが叶うものなら叶えてフラットにして議論してみたい。女性だ男性だと両性に区別を造ったのは誰だ、どうしてだと怒っても仕方がないから、現実的には筆者の言うダイバーシティー学習、はたまたネットワークインテリジェンス涵養等を経て時代の偏見の払拭があるのかもしれない。(2013/04/18)

日本国家を維持するには人口増が必要です。今のところ、子供を産めるのは女性だけですから、女性に子供を産んでもらいやすくする仕組みが必要です。子供を産む人がいなくなっては国が成立しなくなります。「子供も産んで欲しいし、仕事もして欲しい」と社会からハイレベルな要請をされているのが現代女性の立場と言えるのではないでしょうか。労働市場のあり方としては、男性と同等の労働時間を提供することを好まない女性もいるでしょうから、好きな分だけ労働市場に時間を提供するパートタイムの仕事をもっと増やして、さらに、パートタイムだから単純作業というカテゴリにせず、午前パートの人と午後パートの人の情報共有が完全にできるデータ共有を利用して、高度な営業や、プロジェクトも可能にできる仕組みを作ればいいと思います。男性も資格取得中等で短期的にパートに転向したいという方もいるのではないでしょうか。性別も業務形態も違う人々が連携できるような仕組みを企業側が作れば、業務的ダイバーシティが確立します。優秀な労働人口を寝かせておく余裕は、今の日本にはないはずですから、経済発展の意味でも、実現化に向けて法制度を変える等の政治的な後押しも必要だと思います。日本男性は、忍耐強く、責任感も強いので、法的な国家プロジェクトとして、男性向け子育て支援政策を講じれば、責任を持って子育てに参画する男性は意外に多いように思います。『週一度、15時帰社、資格取得支援、家事育児支援』のような政策、ないし、企業の取り組みに期待します。(2013/04/16)

オスとメスという本能の世界から来る差異をどうしても越えられないということでしょう。理屈ではどうにもならないんですよね。実験結果は。本能にプログラムされた、嫉妬、ってやつじゃないですか。(2013/04/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授