• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

沖縄の離島を所有する台湾人富豪の殺人事件

微妙な日本との接点

2013年5月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 台湾でちょっとスキャンダラスな殺人事件の裁判が今行われている。それが日本に関わりがないようで、関わりがあるような気もするので、一度整理しておこう。単なるゴシップと言えばゴシップだが、時期が時期だけに気にもなる。台湾では「八里双屍命案」などと呼ばれている事件である。

親日家で知られる台湾人富豪を殺害

 被害者は台湾人富豪の陳進福氏(79歳)とその妻で実践大学観光飲食学科副教授の張翠萍さん(57歳)。そして容疑者として逮捕、起訴されたのは陳夫妻が常連として通っていた北投市八里区のカフェ「ママ・マウス」(媽媽嘴珈琲店)の美人女店長、謝依涵被告(28歳)。当初は金銭目的の殺人といわれていたが、公判で謝被告が訴えたところによれば、謝被告と陳氏が男女の関係で、陳氏が妻殺しの計画を謝被告に持ちかけ、実は恋人と結婚を控えて陳氏をじゃまに思っていた謝被告はその計画に乗じて、陳氏を殺害したという。被害者家族はそんなことあり得ない、と強く否定している。

 なんだ、ありがちな痴情のもつれの事件か、と思うかもしれない。台湾の最近の猟奇事件というなら、嘉義県の「妹の首を塩漬けにした兄」事件の方がショッキングだろう。だが、この陳氏が沖縄の西表島の外離島、内離島の2つの無人島の所有者で、その島の香港のリゾート開発集団への売却話を進めているところで起きた殺人事件だというと、気になるだろう。

 事件の流れをかいつまんで説明しよう。

 今年、2月16日に陳夫妻が、「オーナーの娘の誕生日を祝う」という目的で、カフェを訪れたきり、行方不明になっていた。その後の2月26日に陳氏の遺体が、カフェから130メートル離れた淡水河岸で発見された。警察は当初、過って河に転落、と発表した(のちに警察は、容疑者を安心させ行動させるための虚偽の発表だったと説明)。

 その翌日の27日に、老女に変装した女性(謝被告)が、張翠萍のキャッシュカードを使って彰化銀行天母支店で金を引き出そうとしたが、暗証番号を間違えて引き出せず、銀行の窓口で張さんになりすまして引き出そうとしたが、銀行員にあやしまれて拒否された。

 3月2日になって張さんの遺体が、やはり淡水河岸で発見された。死因は胸やのどを刺されたことによる失血死だった。3月6日に、カフェの女店長(謝被告)ほか、カフェのオーナー、出資者、その友人の3人の男が容疑者として拘束される。だが、男3人は保釈金をすぐ支払い、保釈された。

コメント2

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「沖縄の離島を所有する台湾人富豪の殺人事件」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官