• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

韓国政府の財政赤字は10兆ウォン規模に

2013年の経済成長率を2.3%に下方修正

  • 毎経エコノミー

バックナンバー

2013年5月9日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国が低成長に足をとられている。韓国銀行によると、2012年の実質国内総生産(GDP)は前年比2%の増加にとどまった。民間の消費が鈍化し、建設投資と設備投資も振るわなかったせいである。韓国銀行は輸出が堅調だったため、なんとか2%成長できたと説明した。専門家らは、実質GDPの成長率は、2013年も2012年とあまり変わらないだろうと見込んでいる。

 問題は、家計が良くなる兆しが見えないことである。韓国の2012年の1人当たり国民総所得(GNI)は2万2708ドルだった。2007年に2万ドルを突破して以来、6年間、足踏み状態である。1人当たりGNIに占める個人の可処分所得の割合は、2000年には63.6%だったが、2012年には57.9%に減った。1人当たりGNI の額は同じでも、個人が自由に使えるお金は減ったことになる。

 韓国政府は2013年の経済成長率を2.3%に下方修正した。2012年12月末に3%と発表してからたった4カ月で0.7%も引き下げた。政府の見通し(2.3%)は、韓国銀行(2.8%)、政府シンクタンクである韓国開発研究院(3%)や、民間研究機関である現代経済研究院(3.1%)の予測よりも低い。2013年の予算案を作成する際に適用した成長率見込み(2012年9月時点で4%)に比べて半分近く減っている。

 企画財政部(部は省)のチェ・サンモク経済政策局長は、「2013年に入ってから、景気の回復を確信することができなくなった。このため経済成長率の見通しを修正した」と説明する。韓国政府は、2013年の新規雇用も32万人から25万人に下方修正した。

 相次ぐ下方修正に関して、政府の「でたらめ展望」と批判する声が上がっている。経済専門家らは、こう指摘する。「世界経済の停滞が予想より長引くといった外的な変数もあった。だが、2013年1~3月期の不振がある程度予想されていたにも関わらず、強気の経済成長率を発表したのは、政府の責任感の無さを表している」。また、大幅な下方修正は、追加予算を編成するための口実にすぎないという見方もある。

コメント0

「韓国発 毎経エコノミー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏