• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

チベットの聖地、ラサ旧市街の破壊を阻止せよ

習近平・国家主席への公開書簡に世界の研究者が署名

2013年5月22日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 チベット自治区ラサが再開発の波に飲み込まれそうだ。

 チベット地域では、信仰や言語などチベットの「文化的ジェノサイド」に抵抗し、焼身自殺が止まらない。そんな中、貴重なラサ旧市街の伝統的建築までが破壊され、成金趣味のショッピングモールに変貌しつつあると、中国国内のチベット作家や学生たちがSOSを出している。これを受けて5月15日に、世界のチベット学の学者や専門家らが署名したラサ旧市街および周辺環境への憂慮を訴えた「公開書簡」が習近平・国家主席と国連教育科学文化機関(ユネスコ)宛てにネット上で発表され、より多くの署名を募っている。

 きっかけは、北京在住のチベット族女流作家で、米国国務省が主宰する「国際勇気ある女性賞」など多くの国際賞を受賞しているツェリン・オーセルさんが、5月5日に自身のブログで、「ラサを助けて!」と訴えたことだ。

 これに対して人民日報(5月13日付)は「ラサの旧市街が取り壊され再開発されている、とは事実ではない!」と反論の大論文を掲載しているが、公開書簡の署名は日本人学者も含めて増え続けている。また、民間の署名も集められており、こちらはすでに6800人以上の署名が集まっている。

地元住民を追い出してショッピングモールを建設

 オーセルさんのブログには、ラサに旅行にいった観光客の微博の書き込みが、多くの写真とともに紹介されていた。書き込みは訴える。

 「今、ラサの目標は麗江(雲南省の有名な観光地、ナシ族伝統建築による旧市街の街並みが世界遺産に指定されている)のような、キンキラキンの贅沢ざんまいな鬼や狼が泣きわめくような観光地になってしまった。地元民(チベット族)の売店や民宿は全部追い出され、高級な骨董品屋や高級ホテルが進出…。韓国式美容整形で全部作り変えないと気が済まないのか?」

 昨年12月にスタートした「ラサ旧市街保護プロジェクト」と銘打った再開発は、実際のところ、ラサのジョカン寺をめぐる巡礼路のバルコルを中心に、地元住民を完全に追い出して一大ショッピングモールを建設する計画という。プロジェクトの概要は、建設予定面積15万平方メートルで、一期工事では地下に1117台、地上に101台の自動車が収容できる巨大駐車場を造る。上下水を整備し、道路、緑化、消防、電気インフラを整え、ラサの観光と商業発展を見据えた総合ショッピングモールを建設するという。昨年末に営業が開始された産官合同のショッピングモールの名は「神力タイムズスクエア」。

 ショッピングモール完成後のイラストがブログにも掲載されていた。これは個人の感性によって差があると思うが、私の目にはラサの景観を壊す俗悪なデザインに映る。

コメント4件コメント/レビュー

中国は世界遺産の認定が取り消されることを知らないようだ。取り消されたっとしても世界遺産と名乗り続けるか、別の世界遺産制度をでっちあげるかするだろうが。(2013/05/22)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「チベットの聖地、ラサ旧市街の破壊を阻止せよ」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国は世界遺産の認定が取り消されることを知らないようだ。取り消されたっとしても世界遺産と名乗り続けるか、別の世界遺産制度をでっちあげるかするだろうが。(2013/05/22)

久々に読みましたが相変わらず福島さんの文章は好きです。ただ今回はまあコメント欄の方も含め人間性最低まで聞かされると(私は単なる日本人ですが)悲しくなりますけど。他山の石という言葉もありますし(人間性最低の中国の故智ですが)、日本もちょっと前まであちこちにヘンな巨大大仏作ったり、山の中のスキー場で一日スピーカーで音楽流したり、センスは大して変わらない気もしますけどね。外国人に言われないと東京駅舎の価値わかんないとか。「政府および地元にとって世界遺産リスト入りの目的は観光地として大勢の観光客を呼び寄せるための看板が欲しいだけ」も、他山の石としたいですね。ラサで起きてることは話半分でもけしからんと私も思います。と気持ちよくコメント終わらせたかったですが、ちょっと腹立ったので沖縄で「方言札」首に下げさせた歴史もこの国にあったそうだと指摘して終わります。(2013/05/22)

私も長城のジェットコースターに乗ったとき、筆者と同様に文化遺産とのミスマッチを感じました。この国の景勝地はほとんどどこでも、大きな赤字で岩に刻まれた文字が目に付きます。その字さえなければきれいなのに、残念でしかたありません。有名な崋山でも、絶壁に鎖と50センチ幅の水平な板を渡して有料で肝試しをさせたりと、自然や文化そのものを楽しむという概念があまりありません。第二の経済大国と言っても、人間性は世界最低レベルなので、文化・環境破壊がどれだけ深刻化を考えることもできないのだと思います。(2013/05/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国際交渉では、自国のことをよく知っていることが強みになります。

行天 豊雄 国際通貨研究所名誉顧問