• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

広東省の人々を不安に陥れたカドミウム汚染米

主食にまで波及する「毒食品」氾濫の恐怖

2013年5月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 広東省でカドミウム汚染米の市場流入が健康をむしばむ重大問題としてクローズアップされ、大きな社会問題として人々を不安に陥れている。

 中国で「米」は“大米”と呼ばれ、“小米”と呼ばれる「アワ」と区別されるが、カドミウム汚染米は“毒米”と呼ばれて、人々に恐れられている。たとえカドミウム汚染米を食べても、含有されるカドミウムの95%は糞便により排出され、人体に吸収されるのは5%に過ぎないことを論拠に、「慌てる必要はない」と専門家は説明する。だが、人が一生に摂取するカドミウムの累積量が2gを超えると腎臓の尿細管の損傷が始まり、最終的には“骨痛病(イタイイタイ病)”を引き起こす可能性がある。

 筆者は2011年2月25日付の本リポート「闇に葬られ続ける『イタイイタイ病』」で、中国の年産2000万トンに上るカドミウム汚染米の実態を報告したが、それは米の年産量の1割に達していた。メラミン入り粉ミルク、“地溝油(下水から作った再生食用油)”、病死豚肉、可塑剤入り酒類・しょうゆなど、「毒食品」と呼ばれるものは枚挙にいとまがない中国<注1>だが、鳥インフルエンザによる鶏肉回避の動きに加えて、それが主食の米にまで及ぶと、安心して食べられるものがないことになりかねない。しかも、“毒米”の流入は広東省の市場だけにとどまらないのである。

<注1>2012年5月に開始された有毒食品警告サイト“擲出窗外(窓の外へ蹴り出す)”は、2004年以来今日までに中国各地で出現した明確な根拠がある有毒食品は2000種類に及ぶとしている。

市民の不満爆発で業者名公表

 5月16日、広州市の“食品薬品監督管理局”(以下「食薬監管局」)は2013年第1四半期の「飲食業界における食品および関連製品の抜き取り検査結果」を公表した。それによれば、食品および関連製品に対して367件のサンプルを取って品質検査を行った結果、341件が合格で、合格率は92.92%であった。しかし、そのうちで一部の飲食業者に対象を絞って実施された米および米加工品に対する“鎘(カドミウム)”含有量の検査では、サンプル18件中の8件がカドミウム含有量の国家基準値の上限0.2mg/kg<注2>を上回り、その合格率は55.4%にとどまった。

<注2>日本の米(玄米および精米)に対するカドミウム含有基準値は0.4mg/kg以下。日本では従来、国が0.4mg/kgから1.0mg/kg未満の米を買い上げて市場流通しないよう管理していたので、基準値は1.0mg/kgとなっていたが、2011年2月に0.4mg/kgに改定された。

 食薬監管局はこれら不合格となった業者名の公表を拒否したが、その理由は「抜き取り検査の範囲が狭いだけでなく、サンプル数も少なく、今回の結果が広州市全体の状況を示しているものではない」というものだった。これに対して、広州市民は強い不満を示したため、市民の反発を恐れた食薬監管局は、5月17日に4業者の名前とその対応措置を発表したが、市民の不満は収まらなかった。

 こうした状況下で地元メディアも徹底追及の構えを見せたため、18日夜になって食薬監管局は遂に不合格となった飲食業者8業者の名前を公表するに至った。公表された業者には、“太洋海鮮酒家(海鮮料理店)”、“広東外語外貿大学南国商学院”内にある3つの民営食堂のうちの1つ(通称「第三食堂」)、海珠区にある“燕南飛美食店”、“仲愷農業工程学院第一食堂”などが含まれていたが、基準超過の対象品目は前の2者が「米」、後ろの2者が米加工品の「ビーフン(米粉)」であった。

コメント4

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「広東省の人々を不安に陥れたカドミウム汚染米」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長