• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「校長先生、Hしたいなら私を呼んで、小学生は解放して」

相次ぐ児童への性暴力事件に抗議活動広がる

2013年6月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「校長先生、Hしたいなら私を呼んで、小学生は解放してください(校長、開房找我、放過小学生)」というコメントが中国の微博で話題になっている。

 5月上旬に起きた海南省の小学校長が女子児童をホテルに連れ込んだ事件に始まり、各地で露見した教師による児童への性暴力事件に対し、中国の著名フェミニスト、葉海燕さんがこのセリフの看板を掲げて抗議活動したことから、今やこのセリフは児童を性暴力から守る社会運動のメッセージとして、ネット上で広がっているのだ。

 葉海燕さんらフェミニストだけでなく、前衛アーチストの艾未未さんや、日本のAV女優らしきアカウントまでも参加している。今回は、このネット上のムーブメントの背景について、紹介したい。

6人の小6女子が校長たちとホテルに

 「校長ホテル(開房)」事件と称される、海南省万寧市の事件の概要を整理しよう。開房とは本来、ホテルに部屋を取るという意味だが、この場合は淫行の意味で使われている。

 5月8日、万寧市の小学校で、6人の小6女子児童が集団失踪する事件があった。家族は心配し、探し回った結果、10日までに少女らは海口や万寧などで保護された。保護された時、正気を失っている少女もおり、手や首に青あざがあるなど暴行を受けた形跡があった。診察した医師は強姦されたとの診断を家族に告げた。

 海口と万寧の警察が捜査した結果、うち4人の少女は、8日夜は万寧のホテルで2部屋に分かれて宿泊していた。監視カメラの中で、その小学校校長がホテルの部屋に入って、朝に出て行く様子が確認された。別の2人の少女は別のホテルに別の地元公務員男性と泊まっていたことも分かった。校長と公務員男性は警察に逮捕された。

 ところが、その後の万寧警察の発表によれば、少女たちは強姦されていないという。医師の診断書も、校長と宿泊した4人について、処女膜は無事だということに変わっていた。また、少女から事情聴取したところ、6人は家族にしかられたため集団で家出して海口へ行こうと考え、うち1人が顔見知りだった校長に自分から連絡を取り、呼び出したという。

 彼女は2011年に1度、授業をさぼったことを理由に校長からしかられた後、仲良くなりたびたび一緒に遊びに行くような関係になっていた。校長はその少女にガールフレンドを紹介してくれと頼んでいたが、ずっと拒否し続けていたという。

 電話を受けて駆けつけた校長は彼女らに交通費として1000元を与え1度は帰ったという。だが、夜になって少女らは再び校長を呼び出し、一緒にカラオケに行き、酒も飲んで騒いだという。

 6人のうち2人は、別の知り合いの公務員男性を携帯電話で呼び出し、車で迎えに来させてホテルに行った。調べでは、少女は公務員男性に高価なスマートフォンなどを買ってもらうようないわゆる「パパ(干爹)」と呼ばれる深い関係であったという。公務員男性と一緒にホテルに行った2人は薬を飲まされたという。

コメント10件コメント/レビュー

▼ポルノ視聴(実写、非実写が纏まっている場合もあり、別れて調査している場合もある)が性犯罪衝動を誘発しないことを示す統計論文がある。関連を疑う論文もあるが、殆どの統計は、むしろポルノ視聴が性犯罪を抑制する説を指示するか、全く関連を認めないか、いずれかのようだ。私個人は抑止効果には懐疑的で、助長効果には否定的で、結局無関係だと考えている▼性犯罪者と窃盗は再犯率が高いという統計がある。特に日本の場合、釈放後の保護監察やケアが無く、繰返し逮捕される例が後を絶たないようだ。日本に限っては、禁止法よりも刑期後の制度整備の方が重要ではないだろうか▼中国の場合は司法の問題は当然として、未然に防ぐ為の社会コミュニティ基盤の整備、再構築の方が重要なように思える。古き日本を見るようでもあり、労働力流動性拡大と男女同権を推し進めた未来の日本を見るようでもあり、複雑な気分になった(2013/06/05)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「「校長先生、Hしたいなら私を呼んで、小学生は解放して」」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

▼ポルノ視聴(実写、非実写が纏まっている場合もあり、別れて調査している場合もある)が性犯罪衝動を誘発しないことを示す統計論文がある。関連を疑う論文もあるが、殆どの統計は、むしろポルノ視聴が性犯罪を抑制する説を指示するか、全く関連を認めないか、いずれかのようだ。私個人は抑止効果には懐疑的で、助長効果には否定的で、結局無関係だと考えている▼性犯罪者と窃盗は再犯率が高いという統計がある。特に日本の場合、釈放後の保護監察やケアが無く、繰返し逮捕される例が後を絶たないようだ。日本に限っては、禁止法よりも刑期後の制度整備の方が重要ではないだろうか▼中国の場合は司法の問題は当然として、未然に防ぐ為の社会コミュニティ基盤の整備、再構築の方が重要なように思える。古き日本を見るようでもあり、労働力流動性拡大と男女同権を推し進めた未来の日本を見るようでもあり、複雑な気分になった(2013/06/05)

前段はありがちなので特にどうということはありませんが、最後の一文には賛同します。日米に限らず、AVソフトは性犯罪をしないためのグッズになるはずですから。(2013/06/05)

最後の一節につき・・・・性犯罪を風俗サービスで減らそう、などという考え方には、非常に強い男目線を感じます。すなわち、傍らにパートナーがいない男性は、風俗サービスにでも行って満足を得ないかぎり、性犯罪を犯してしかるべき生き物なのだという開き直りにも近い言い草。大阪市は市内の恋人がいなくて収入の少ない独身男性に風俗手当でも配りますか?貧乏な独身男性の起こした性犯罪は見過ごしてしかるべきですか?(2013/06/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長