• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

信用できない?! 韓国格付会社の評価

  • 毎経エコノミー

バックナンバー

2013年6月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国の格付会社による韓国企業の評価は信頼できるか? この点が、疑問視されている。

 国際金融センターが、韓国の格付会社と海外の格付会社が同時期に評価した韓国企業22社を分析したところ、韓国の格付会社による評価の方が、海外の格付会社による評価よりも6段階も高かった。これは韓国3大格付会社――韓国企業評価、韓国信用評価、ナイス信用評価――と海外の3大格付会社――ムーディーズ、スタンダード&プアーズ(S&P)、ピーチ--の評価を比較した結果である。

 韓国の3大格付会社が韓国企業22社に与えた評価の平均は「AA+」(全体の中で上から2番目)だった。一方、海外の3大格付会社が同じ韓国企業に対して付けた評価の平均は、上から8番目だった。

 例えば現代製鉄の場合、韓国の3大格付会社は「AA」(上から3番目)と評価したが、ムーディーズやS&Pはそれぞれ「Baa3」「BBB」と評価した。これは、彼らの基準でいうと上から10番目に当たる。特にムーディーズは現代製鉄の投資展望を「否定的」としたので、今後6カ月~2年以内に評価が下がる可能性がある。

 これまで何度も、韓国の格付会社は韓国企業を高く評価しすぎだと指摘されてきた。2012年4月に韓国企業評価が韓国の自動車メーカーの格付けを上方修正した時、クレジット(企業信用度)担当アナリストのほとんどが「呆れてしまった」と反応した。韓国企業評価は、起亜自動車と現代MOBISの評価を「AA」から「AA+」に、現代自動車の評価を「AA+」から「AAA」に調整した。AAAの格付けはその業界で世界最高レベルの企業だけに与えることができる。韓国企業評価の格付けによれば、現代自動車の企業価値は、日本や米国の自動車会社よりも高いことになる。

 企業実績が急落したGS建設の評価を、S&Pは「BBB-」から「BB+」に下げた。現在は、評価できないという意味の「NR」にまで下がっている。ところが、海外の格付会社よりも事情をよく知っているはずの韓国の3大格付会社は今年、GS建設の評価を「AA-」(上から4番目)とした。2013年1~3月の業績悪化を受けて株価は暴落しているが、まだ格付けを下げていない。

 問題が起きてから評価を下げた代表的な例は「ウンジンホールディングス」である。2012年末、韓国の格付会社は、極東建設とウンジンホールディングスが法定管理(訳者注:日本の会社更生法に当たる制度)に入る直前まで、「A-」と格付けしていた。法定管理に入ってから格付けを「D」に下げた。

コメント0

「韓国発 毎経エコノミー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官