• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

痛々しいカドミウム汚染現場で途方に暮れる

経済発展の代償として広がる中国の環境汚染

2013年7月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 7月6日朝、広東省封開県南豊鎮の河で魚がぷかぷか白い腹を浮かべて死んでいるのが発見された。その日の午後、上流の広西チワン族自治区の賀江でタリウム、カドミウム濃度が急激に上昇。封開県の党委員会宣伝部は夕方6時ごろに南豊鎮のあたりでタリウム濃度が基準値の1.2倍、カドミウム濃度は基準値ぎりぎりであると発表した。その上流の広西チワン族自治区の賀州ではタリウム濃度は基準値の2.14倍、カドミウム濃度は基準値の1.9倍であると発表された。

 具体的な人や家畜への被害などは出てないが、当局は突発性のカドミウム汚染事故だとして、現地の飲用水保障、医療衛生治療ワーキンググループを立ち上げ、対応に当たった。現地では、水道水を飲まないよう、賀江の水産品を食べないように通達された。

 この汚染事故の原因は何か、というと 賀江上流域にある馬尾河あたり112以上あるマンガン、タングステンの採掘場から出た未処理廃水と見られている。このあたりは違法採掘も多く、馬尾河あたりはもともとカドミウム、タリウム汚染がひどい地域であったのが、急な大雨によって、省境を越えて下流に汚染が広がった。この違法採掘の廃水問題は、当局も以前から問題視していたが、管理しきれていなかったという。

 この汚染事故が起きる前、私は広東を訪れていた。ちょうど、北京に移動してしまった後に汚染事故が起きたので、今回の事故の現場を見ることはかなわなかった。

 だがその直前、広東省韶関市の大宝山鉱山下流域の上壩村を訪れていた。この村もカドミウム汚染で知られた地域で、2008年当時、この村を流れる黄石河の水のカドミウム濃度は基準値の実に16倍と言われていた。黄石河は、絵の具を溶かしたような赤黒い黄色をしており、その色が写真で見た賀江汚染地域の色とそっくりだったので、なるほどこれが本当のカドミウム・イエローかと改めて思ったのである。

都市住民を驚かせた広州カドミウム米事件

 中国でカドミウム汚染が環境汚染として問題視され始めたのは2000年代初めごろからである。既に10年以上たったが、改善するどころか、むしろ問題は深刻化している。最近は痛痛病や軟脚病と呼ばれる、かつて日本が経験したイタイイタイ病に似た症状がカドミウム汚染地域で報告されているそうだ。中国のカドミウム汚染の現状について整理しておきたい。

 中国に汚染と呼ばれるものは数々あるのだが、今年になって「カドミウム汚染」が特にクローズアップされる事件があった。広州カドミウム米事件である。

コメント6

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「痛々しいカドミウム汚染現場で途方に暮れる」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック