• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ついに世界の半分を超えた中国の石炭消費量

景気低迷で国内石炭産業は淘汰の嵐

2013年7月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2013年6月12日、毎年恒例の国際石油資本“BP p.l.c.”(以下「BP」)による「エネルギー統計レポート2013年版(“Statistical Review of World Energy 2013”)」が(以下「レポート」)発表された。これは2012年における世界のエネルギー需給状況をとりまとめたもので、世界の現状を知る上で最も信頼性が高い資料の1つと考えられている。

 レポートによれば、2012年における一次エネルギーの全世界の消費量は石油換算で124.8億トンであり、その内訳は、石油41.3億トン(33.1%)、石炭37.3億トン(29.9%)、天然ガス29.9億トン(24.0%)、水力電気8.3億トン(6.7%)、核エネルギー5.6億トン(4.5%)、再生可能エネルギー2.4億トン(1.9%)であった。

 このように、一次エネルギーの三役は石油、石炭、天然ガスであり、これらの消費量の合計はエネルギー消費量全体の87%を占める。その消費量の順位は長年にわたって不動で、2012年も取り立てて新しい変化はなかった。

世界の石炭の半分を飲み込む中国

 今年のレポートの中で最も注目されたのは、中国の石炭消費量であった。2012年における世界の石炭消費量が石油換算で37.3億トンであるのに対して、中国の石炭消費量は18.73億トンで、その比率は50.2%となり、初めて中国の石炭消費量が世界消費量の半分を超えたのであった<注1>。レポートによれば、中国の一次エネルギーの消費量は石油換算で27.3億トンであり、その内訳は、石油4.8億トン(17.6%)、石炭18.7億トン(68.5%)、天然ガス1.3億トン(4.8%)、水力電気2.0億トン(7.3%)、核エネルギー0.2億トン(0.7%)、再生可能エネルギー0.3億トン(1.1%)であった。

<注1>2011年における中国の石炭消費量は18.4億トンで、世界消費量に占める比率は49.4%であった。

 そこで、上記のレポートで中国の石炭について世界における位置付けを確認してみると以下の通りである。

(1)確認埋蔵量:1145億トン(世界第3位、世界総量の13.3%)、ちなみに第1位は米国の2373億トン(同27.6%)、第2位はロシアの1570億トン(同18.2%)。

(2)生産量<石油換算>:18.3億トン(世界第1位、世界総量の47.5%)、ちなみに第2位は米国の5.2億トン(同13.4%)、第3位はオーストラリアの2.4億トン(同6.3%)。なお、生産量は2011年比で米国が7.5%減であるのに対して、中国は3.5%増、オーストラリアは4.2%増となっている。米国の生産量減少は米国内におけるシェールガス開発の影響と思われ、2012年における米国の天然ガス生産量は前年比4.7%増となっている。

(3)消費量<石油換算>:18.7億トン(世界第1位、世界総量の50.2%)、ちなみに第2位は米国の4.4億トン(同11.7%)、第3位はインドの3.0億トン(同8.0%)。上述のように、中国の一次エネルギー消費量に占める石炭の比率は2012年が68.5%であったが、その前年の2011年は69.3%であり、従来から70%前後で推移している。

 なお、中国政府“国家統計局”の統計によれば、中国の“原煤(原炭)”生産量は、2011年が35.2億トンで前年比8.7%増、2012年が36.5億トンで前年比3.8%増であった。「原炭」とは、採掘されたままの石炭で、岩石層の混入により品質が不安定であるため、選別処理を行って品質を向上させたうえで商品炭として出荷するが、石炭の生産量は原炭ベースで計算される。

コメント1

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「ついに世界の半分を超えた中国の石炭消費量」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック