• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「朝日君、おやすみなさい」

中国の四大微博で朝日新聞の中国語アカウントが閉鎖

2013年7月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 すでに報じられているように、中国の四大微博(マイクロブログ)で、朝日新聞の中国語アカウントが17日に閉鎖された。

 最初の一報は朝日中文アカウントでかつて人気だった「晩安 哦呀苏咪(おやすみの中国語あて文字)コーナーに「手書き文字」を提供していたネットユーザー「王左中右」氏の17日の書き込みだった。

 「今日午前11時ごろ、新浪、騰訊、捜狐、網易の四大微博の朝日アカウントが突然開かなくなりました。すでにこのアカウントは検索できなくなっています。原因は不明」

 後の報道で国務院インターネット情報弁公室からの指示であったことが判明したが、何が直接原因かは微博会社も知らされていない。

 朝日アカウントは二大微博の新浪と騰訊だけでもファン(フォロワー)が130万人あった。ファンからは「朝日君」と呼ばれ愛されていた。共同通信中文アカウントや日経新聞中文アカウントは今のところ存在し続けている。中国ではありがちなこととはいえ、なぜ朝日アカウントが急にダメだったのか。何かしら、中国当局的にとってよほど不愉快な発信をしたからなのか。あるいは日本メディアの中で一番人気のアカウントを見せしめ的に閉鎖してみただけなのか。今回は、この事件について考えてみたい。

ブラックユーモアで中国ネットユーザーの心をつかむ

 朝日新聞の微博アカウントは2011年3月11日の東日本大震災後にスタートしているが、昨年秋ごろから何かと中国メディアにニュースとして取り上げられてきた。それは1日の終わりに発信する「晩安 哦呀苏咪」コーナーでアップする「謎かけ文字」が秀逸だと評判になったからだ。

 これは微博世界で話題になった事件や言葉をとりあげ、発音記号(ピンイン)を振ったもので、謎かけや暗喩、ブラックユーモア、皮肉を含んだ、いかにも中国人の好きそうな表現手法だった。しかも手書きの象形文字のような味のある崩し文字をいちいち写真でアップする手の込みようだ。

 たとえば、空母・遼寧が就航したときアップした「遼寧艦」と言う文字はよく見ると「艦」の字のつくりが皿の上に錦になっている。習近平国家主席と李克強首相の「習李体制」が誕生したときは簡体字で「习李」と書いたが、「习」の中の「にすい」を「人」を横に向けた形に書いた。山東省濰坊市で工場が排水を地面を深くボーリングして地下水に直接流し込んでいた環境汚染問題が発覚したときは、「濰」の「さんずい」をながーく伸ばして書く。

コメント3件コメント/レビュー

閉鎖された理由が報道されないのなら、他社の既報道と変わらない(2013/07/24)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「「朝日君、おやすみなさい」」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

閉鎖された理由が報道されないのなら、他社の既報道と変わらない(2013/07/24)

コンビの一方が気に入らなければ関係が続かないのはどこの世界でも同じ。これは中国サイドの度量の大小が問われこそすれ、弾圧ではない。朝日に対する評価だが昨年10月、IMF総会欠席を詰った天声人語を読んでのけ反ったことがある。メディアに入ってくる若者も「社会の木鐸」を目指すなどは遠い昔で、お坊ちゃま、お嬢様育ちで偏差値の高い大学の「優秀な」学生が給与がいいからと入ってきているのではないか。これでまともな仕事ができるはずがない。二世議員と同じだ。もちろん例外はある。福島氏は、「こういう時こそ、本当はソフトパワーや民間交流で緊張を緩和しつつ、中国人の普通の人たちの心を引き寄せる工夫がほしい」と書かれている。そのとおりでしょう。福島氏はさらに「メディアの方々もより洗練された中国向けの日本発信のチャンネルの在り方を考える時期」とされているが、これに付け加えたい。私から見ればめちゃくちゃな旗を掲げて勝利した安倍自民の要因は、すばり、世論に蔓延した反中反韓感情の高まりだった。これを煽ったメディアの罪は限りなく重いと。(2013/07/24)

中国当局からすれば、朝日新聞の暴走?も参議院選挙で世論誘導するためには利用価値があるとみなしていたから、それまでは大目に見ていたという側面もあるのだろうし、近年中国に急にすり寄っている国も見られるようだが、利用価値がなくなれば冷徹に切り捨てるドライな国であることを警告する格好の教訓になったのではないだろうか。朝日新聞にとっても、購読料を落としてくれる日本の顧客と話のネタにするだけで直接収益を生まない中国国民のどちらが大事か…位はわかっていると思いますよ。(2013/07/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長