• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「朝日君、おやすみなさい」

中国の四大微博で朝日新聞の中国語アカウントが閉鎖

2013年7月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 すでに報じられているように、中国の四大微博(マイクロブログ)で、朝日新聞の中国語アカウントが17日に閉鎖された。

 最初の一報は朝日中文アカウントでかつて人気だった「晩安 哦呀苏咪(おやすみの中国語あて文字)コーナーに「手書き文字」を提供していたネットユーザー「王左中右」氏の17日の書き込みだった。

 「今日午前11時ごろ、新浪、騰訊、捜狐、網易の四大微博の朝日アカウントが突然開かなくなりました。すでにこのアカウントは検索できなくなっています。原因は不明」

 後の報道で国務院インターネット情報弁公室からの指示であったことが判明したが、何が直接原因かは微博会社も知らされていない。

 朝日アカウントは二大微博の新浪と騰訊だけでもファン(フォロワー)が130万人あった。ファンからは「朝日君」と呼ばれ愛されていた。共同通信中文アカウントや日経新聞中文アカウントは今のところ存在し続けている。中国ではありがちなこととはいえ、なぜ朝日アカウントが急にダメだったのか。何かしら、中国当局的にとってよほど不愉快な発信をしたからなのか。あるいは日本メディアの中で一番人気のアカウントを見せしめ的に閉鎖してみただけなのか。今回は、この事件について考えてみたい。

ブラックユーモアで中国ネットユーザーの心をつかむ

 朝日新聞の微博アカウントは2011年3月11日の東日本大震災後にスタートしているが、昨年秋ごろから何かと中国メディアにニュースとして取り上げられてきた。それは1日の終わりに発信する「晩安 哦呀苏咪」コーナーでアップする「謎かけ文字」が秀逸だと評判になったからだ。

 これは微博世界で話題になった事件や言葉をとりあげ、発音記号(ピンイン)を振ったもので、謎かけや暗喩、ブラックユーモア、皮肉を含んだ、いかにも中国人の好きそうな表現手法だった。しかも手書きの象形文字のような味のある崩し文字をいちいち写真でアップする手の込みようだ。

 たとえば、空母・遼寧が就航したときアップした「遼寧艦」と言う文字はよく見ると「艦」の字のつくりが皿の上に錦になっている。習近平国家主席と李克強首相の「習李体制」が誕生したときは簡体字で「习李」と書いたが、「习」の中の「にすい」を「人」を横に向けた形に書いた。山東省濰坊市で工場が排水を地面を深くボーリングして地下水に直接流し込んでいた環境汚染問題が発覚したときは、「濰」の「さんずい」をながーく伸ばして書く。

コメント3

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「「朝日君、おやすみなさい」」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員