• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

上海では1日2万トン、深刻化する中国の「ごみ戦争」

主張し始めた住民の反対でごみ処理場建設は進まず

2013年7月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2013年7月19日、広東省広州市の市内北部にある“花都区”で、地元住民1000人以上によるごみ焼却場の建設に反対するデモ行進が行われた。彼らは炎天下をものともせず、「獅嶺鎮前進村のごみ焼却場建設地選定に強く反対する」と書かれた横断幕を掲げ、「ごみ焼却場建設反対」のスローガンを大声で叫びつつ、花都区政府庁舎へ向かう通りを行進した。区政府庁舎前の広場には多数の警察官および機動隊員が人垣を作って警戒に当たり、広場を取り囲むように消防車、警察車両、救急車が配備されていたが、広場に到着したデモ隊は冷静さを保ち、現場の雰囲気はさほど緊迫したものではなかった。

ごみ焼却場建設反対のデモに1万人が参加

 花都区ではこれに先立つ7月15日にも1万人が参加して、今回と同じごみ焼却場建設反対のデモ行進が行われた。そのデモ隊の規模に肝を冷やした花都区政府は3日以内に何らかの回答を行うと声明を発表したが、回答期限の18日を過ぎても区政府は何らの回答も示さなかったことから、区政府に対する抗議行動として行われたのが19日のデモ行進だった。

 ところで、上述した花都区のごみ焼却場建設計画とは何か。広州市人民代表大会代表(=市議会議員)の“羅家海”によれば、広州市では毎日1.4万トンの生活ごみが発生しており、このまま行けば、2015年までに市内のごみ埋立処分場は次々と満杯になり、封鎖を余儀なくされる状況にある。広州市の土地資源は不足しており、新たなごみ埋立処分場を開設することは困難で、3年後にはごみを埋立処分する場所がなくなるという。そうした危機的な状況下で、広州市政府が策定したのが“資源熱力電廠(廃棄物焼却発電所)”プロジェクトであった。これは廃棄物の焼却によって発生する燃焼ガスをエネルギー源として発電するもので、花都区のごみ焼却場計画とは発電所を併設したごみ焼却施設の建設を意味する。

 そこで、花都区のごみ焼却場計画が今日に至るまでに経緯をたどってみると、以下の通りである。

【1】2009年11月22日、広州市政府副秘書長の“呂志毅”が記者会見の席上で、ごみ焼却場の建設が予定されている市内の“番禺区”のほかに、“花都区”、さらには広州市が管轄する“増城市”および“従化市”にもごみ焼却場を建設する必要があると発言した。これを契機として、花都区ではごみ焼却場建設の是非を巡る議論が巻き起こった。同年12月13日に広州市の関係資料が明るみに出て、広州市政府が花都区のごみ焼却場の候補地として計画しているのは“獅嶺鎮”にある“汾水林場”という土地であることが判明した。その10日ほど後の12月25日には、獅嶺鎮と花都区に隣接する“清遠市”の両住民の代表が共闘を組んで、広州市“城市管理委員会(都市管理委員会)”に対して、汾水林場にごみ焼却場を建設することに強く反対する旨を表明した。

【2】2012年4月19日、広州市城市管理委員会は“広州市人民代表大会(=広州市議会)”に対して市内に6カ所の資源熱力電廠を建設する事業計画を提出したが、その中に2014年竣工予定として花都区のごみ焼却場、すなわち“広州市第5資源熱力電廠”が含まれていた。この結果、2009年の年末から休眠状態にあった花都区のごみ焼却場の建設候補地問題が再浮上することとなった。

コメント3件コメント/レビュー

『江東ゴミ戦争』ならぬ『広東ゴミ戦争』ですね。(2013/07/26)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「上海では1日2万トン、深刻化する中国の「ごみ戦争」」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

『江東ゴミ戦争』ならぬ『広東ゴミ戦争』ですね。(2013/07/26)

ゴミ焼却場建設に反対するエネルギーを「ゴミを減らす」運動(Reduce, Reuse, Recycle)に発展させられれば中国の民主化も進むかも知れない。中国ではマンションの宣伝ビラ等を街頭で配る事は茶飯に行われているが、多くに人は受け取ったビラを数歩先で路上に捨てる。私の住んでいたシンセンでは歩道脇に多くのゴミ籠が置いてあったが、わざわざそこまで持って行く人は少なく、美人顏した人も躊躇無く路上に捨てる。町には大勢の「ゴミ掃除」人がいて、路上のゴミを集めている。そう言う人達の「職を奪わない事に協力している」と真顔で言う人もいる。正直なところ、本気なのか冗談なのかよく分からない。多くはないが、住居の窓からゴミをポイ捨てする人も見かける。「住居の窓」と言っても通りに面したアパートであれば、歩行者から見える。上の方から紙屑が落ちてくるのだ。中国の都市では一般市民が一戸建て住宅に住む事は無いので、マンションやアパートが殆どだ。流石に30階建て程度の高層マンションの上の方からゴミが頻繁に落ちてくる事は無いが、「ゴミ」に対する感覚は日本とは比べ物にならない。ゴミの分別についても、その様な考え方が無い。私の住んでいたマンションでも各階の非常階段横に大きなゴミ箱が1つだけあり、各戸からは随時そのゴミ箱に入れれば、マンションの管理会社で処分してくれる。ガラス瓶でもペットボトルでも一緒くたに投げ入れる事に馴染めず、私は別々のポリ袋に分けて出していたが、その後でどの様な処理がされているのかは知らない。多分、分別収集を宣言しても、それを定着させるには何等かの見返りを用意しないと無理だろう。その種の「善意」は中国では期待出来ないのだ。分別収集の実施でゴミの一部を「資源化」する事でゴミの総量はかなり減らせるのではないかと思われる。経験の多い日本はかなり手助けする事が出来るのではないだろうか。(2013/07/26)

日本中が嫌中国・反中国で固まって、その結果、取り戻す、強い日本などのプロの手を借りたイメージ戦略に勝った自民党を見ていると、毎回毎回このようなレポートを続けているということはどのような意味があるのか考えさせられる。確かに具体的な数字を並べたてたその分析は的を得ていると思うが、最後の部分で、「お手並みを拝見」とあるように、これでは真面目な読者の共感を得られず、見当違いの思考停止の「嫌中国・反中国」分子を増殖させるだけではないか。確かに今の中国には問題が多々あって、その解決に取り組む政府の姿勢にも生ぬるいものがあると考えるが、メディアで活躍されている方々はTPOも考慮すべきではないか。(2013/07/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長