• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

6歳の男の子が両眼をえぐり取られた凄惨な事件

移植用臓器の極端な不足が臓器販売組織の暗躍許す

2013年9月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 山西省“汾西県”は、省都の“太原市”から南西に200kmほどの距離にあり、“臨汾市”に属する人口約14万人の農村地帯である。黄河の支流で、山西省を流れる最大の河川である“汾河”の西側にあることから“汾西”という地名が付けられたが、山と丘陵に囲まれた土地は痩せており、農民の生活は貧しく、汾西県は“国家級扶貧県(国家レベルの貧困救済県)”に認定されている。

 8月24日、その汾西県で6歳の男の子が両眼の眼球をえぐり取られるという凄惨な事件が発生した。このニュースは中国国内のみならず、海外でも報じられ、この猟奇的な事件を知った人々は突然の不幸により失明した男の子の痛ましさに同情すると同時に、その犯人の残忍さに憤りを禁じ得なかった。中国メディアが伝えた事件の全容を整理すると以下の通りである。

野原で気を失って倒れていた少年

【1】事件の被害者は6歳の“郭斌(かくひん)”。10日後の9月2日に小学校へ入学するのを楽しみにしていた。郭家は農家で、父親(名前不詳)、母親の“王文麗”、12歳の姉“郭夢瑶”、祖母、そして郭斌の5人家族である。父親は農業の傍ら町で日雇い作業に従事し、母親は家で子供と祖母の世話をしている。郭斌は先天性の「口唇口蓋裂」で、普通の小学校への入学は危ぶまれたが、両親がなけなしのカネを工面して関係者に働きかけた結果、町の小学校への入学が許され、入学の日を心待ちにしていたのだった。

【2】郭家から20~30m離れて隣家があり、その家にも郭斌と同年齢の男の子がいた。2人はいつも一緒に遊んでいて、時々夕飯の時間になっても帰ってこないことがあった。郭家の夕飯は基本的に8時頃で、いつもなら王文麗が呼べば、郭斌はすぐに帰ってきていた。8月24日の夜7時頃、王文麗は家に帰るようにと外の郭斌に声をかけたが、郭斌は戻ってこなかった。おかしいと思った王文麗は隣家に出向いて、郭斌を見なかったかと尋ねたが、隣家の息子は郭斌とはとっくにさよならしたと言う。どうしたのだろうといぶかりながら自宅に戻った王文麗は夕飯の準備に取りかかったが、「まだ明るいし、いつものようにどこかの家でテレビを見せてもらっているのかもしれない。夕飯の時間までには帰ってくるだろう」と考えて、あまり気にもしなかった。

【3】7時45分になり夕食の時間となった。王文麗は娘の郭夢瑶に郭斌を呼ぶように命じたが、郭斌は見つからない。この時になって初めて何か変だと不安を感じた王文麗は娘と共に郭斌を探しに外へ出た。8時過ぎには親戚や友人、隣人たちにも協力を仰いで必死に郭斌を探しまわったが、息子の姿はどこにも見当たらなかった。11時過ぎに出会ったサソリ捕りの老夫婦から野原で子供が寝そべっているのを見かけたという話を聞いた。そこで、父親と数人の友人が野原へ駆けつけ、漆黒の闇の中に横たわる郭斌を発見した。郭斌は全身をわななかせており、その顔は全体を血に染めた上にひどく腫れ上がっていた。郭斌が斜面から転がり落ちて顔を打ったものと考えた父親たちは、郭斌を収容すると急いで地元の病院へ運び込んだ。

コメント5

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「6歳の男の子が両眼をえぐり取られた凄惨な事件」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏