• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

越北しようした男性を警備中の韓国軍が射殺、これは殺人か?

2013年9月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国軍の報道官が、「9月16日午後2時20分頃、臨津江(イムジンガン)を泳いで北朝鮮に渡ろうとした民間人男性を、警備していた哨兵が射殺した」と発表した。この男性を見つけた哨兵は、韓国側へ戻るよう3回、警告放送をした。だが、男性が渡河を続けたので警告射撃。それでも止まろうとしなかったので射殺したという。

 韓国軍の発表によると、臨津江周辺は統制区域で民間人が入ってはいけないことになっている(農業をするために立ち入り許可をもらった一部の人を除く)。同川は幅が800メートルほどしかなく、泳いで北朝鮮に渡ることが可能だという。韓国軍の法規では、臨津江周辺は敵(北朝鮮)と最も接近している地域であるため、軍の統制に応じず逃げる者は射撃することになっている。射殺は適切な処置だったと説明した。

 男性が射殺された臨津江から5~6キロほど離れた場所には臨津閣という観光地がある。ここには、北朝鮮が故郷で帰る場所がない人が秋夕(チュソク、韓国のお盆で旧暦8月15日、2013年は9月19日)に集まり、茶禮(チャレ)を行う場所になっている。茶禮は、その年に採れたお米や果物をご先祖様に供える行為をいう。事件当日も、茶禮のために臨津閣を訪問する人が多かった。

 「軍事分界線内であることを理由に兵士が民間人を射殺した」というニュースは韓国中に衝撃を与えた。観光地のすぐ近くで北朝鮮に渡ろうとする人がいて、哨兵が射殺する事件が起きたことに、「韓国は休戦中で、北朝鮮は主敵である」ことを改めて考えさせられた。

 韓国軍が9月17日に発表したところによると、射殺された男性が所持していたパスポートから、日本をはじめとする複数の国に政治難民として申請したが断られた経歴があることが判明した。複数のメディアが「日本が韓国に強制出国させた男性だ」と報じたが、これは、政治難民としての受け入れを断られ、日本に滞在することができなくなったからだと見られる。この男性が誰で、なぜ北朝鮮に渡ろうとしたのか、なぜ日本や他の国に政治難民としての受け入れを申し込んだのか、についてはまだ調査中だという。

射殺に賛否両論の声

 筆者はこのニュースを見て、「韓国は休戦状態にあり、主敵は北朝鮮だ。民間人に扮した北朝鮮のスパイが北に渡ろうとしていたかもしれない。射殺した哨兵は、軍人としてやるべきことをやった。やむを得ないことだったのではないか」と思った。ところが、Twitterや掲示板サイトでは「軍人が民間人を射殺するのは殺人だ」として論争が始まっていた。

 「この男性は、午後2時という白昼に『私を見て!』と言わんばかりに鉄柵を超えて臨津江を泳いで北朝鮮に渡ろうとした。この男性が民間人統制区域に入った時から韓国軍は防犯カメラで監視していたという。なぜこの男性に近づいて止めなかったのだろうか。射殺することなく止めることもできたはずだ」

 「脱北する北朝鮮の人を射殺する北朝鮮軍は残酷だと非難しておきながら、北朝鮮に渡ろうとする民間人を射殺した韓国軍はよくやったと褒める。これはおかしくないか」

 「武装していない民間人を軍人がその場の判断で射殺するのは殺人行為だ。北朝鮮に渡ろうとしたぐらいで殺すなんて残忍だ」

 「韓国は人権保護を重視しており、死刑も執行しない。射殺は正当なのか」

 以上のように、韓国軍がやりすぎたと非難する書き込みが多かった。

コメント8件コメント/レビュー

別に南朝鮮に限った話では無い。軍事境界線を勝手に越えれば、米軍でも仏軍でも発砲するのは当たり前だ。軍隊は広義の官僚であり、官僚が法律を守るのも当然だ。それを批判できる国というのは言論の自由という意味では正解だが、批判の根拠が単なる感情論であるという民度の低さが判ったというだけの記事に過ぎない。(2013/09/21)

オススメ情報

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「越北しようした男性を警備中の韓国軍が射殺、これは殺人か?」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

別に南朝鮮に限った話では無い。軍事境界線を勝手に越えれば、米軍でも仏軍でも発砲するのは当たり前だ。軍隊は広義の官僚であり、官僚が法律を守るのも当然だ。それを批判できる国というのは言論の自由という意味では正解だが、批判の根拠が単なる感情論であるという民度の低さが判ったというだけの記事に過ぎない。(2013/09/21)

銃殺はやり過ぎとの意見もあるが、元々そのようなルールで監視しているとは周知のはず。警告も警告射撃もした上での射殺であり、犯人?も兵士も本気だった事が伺える。もっとも事前に侵入が分かっていながら拘束をせず、渡河まで許したのは落ち度かもしれない。たしかに殺人は行き過ぎで良くないという世論もわかるのだが、問題はなぜ犯人が無理して越北しようとしたのかという事だ。犯人もなぜわざわざ見つかってまで越北しようとしたのか?越北を成功させたいという感じが伝わらないのは半ば自棄糞になっていたのか、本気で撃ってこないと思っていたのか、他国に政治亡命をしようとしていたのは何故かなど謎は深い。それにしてもこの手の事件があるたびに不思議なのは韓国人の言動だ。休戦中とはいえ北とは戦争中のはず。それを堂々と無許可で軍事境界線をこれ見よがしに突破しようとする輩を排除(やり方の是非はともかく)しようとした行為で軍を怒るのはお門違いじゃないだろうか。ソウル辺りに行くと日本人以上に平和ボケしていて日本人のこっちが驚く位だ。北が同胞だからなのだろうか?戦争をしている、首都が国境に近い(戦火に巻き込まれやすい)という事を自覚している人が少ない。休戦状態が日常化して長いと戦争をしている自覚がなくなるのだろう(軍人も含めて)。だから規律ある行動を逆にやり過ぎと捉えたのではないだろうか?(2013/09/19)

韓国の将来のためにも、北朝鮮問題は中国や米国や日本に対してのあれこれよりも真っ先に解決するべき問題であることを韓国人は認識すべきだと愚考致します。それこそ、安倍首相のように国際社会のきちんとした場で言ってしまってもいいんですよ?そして影で笑われるでしょう、「北朝鮮が韓国のアンダーコントロール下にある? またまたご冗談を」と。(2013/09/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(日本の住宅政策は)いつまでたっても短期主義から抜け出せない。

長嶋 修 不動産コンサルタント