• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

月給4万8000円、成都市で暮らしていけるのか?

苦しい節約生活の支出明細をネットに公表

2013年10月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 四川省の省都“成都市”は1420万人の人口を擁し、その省総人口(8080万人)に占める割合は約18%である。成都市の中核をなす市街区の人口は約670万人で、日本の都道府県別人口で第5位の千葉県(620万人)よりも多い。その成都市で「“月薪(月給)”3000元(約4万8000円)で暮らしていけるのか」という問い掛けが大きな話題となっている。

朝食はまんじゅう2個と水

 2013年9月初旬、“四川新聞網(四川ニュースネット)”が成都市のネットユーザーを対象にこの問い掛けに関する三択アンケートを行ったところ、次のような集計結果が出た。
 
《質問》月給が3000元だとして、成都市で暮らしていけるのか。

【A】暮らしていける、3000元で十分ゆとりがある:
  1008人(7.55%)
【B】暮らしていけない、月末になる前に使い果たす:
  10983人(82.21%)
【C】何とも言えない、状況による:
  1368人(10.24%)

 上記のように、【B】の「暮らしていけない」が82.21%と圧倒的多数で、成都市で月給3000元では生活が成り立たないというネットユーザーの声を反映していた。このアンケートに呼応して、あるネットユーザーが四川省のポータルサイト“麻辣社区”に9月9日付で「私の毎月の支出明細をさらけ出す。成都市で月給3000元では全く話にならない」と題する書き込みを行い、自身の支出明細を披露した。当該支出明細は以下の通りである。

【1】食費:1080元
朝食:“包子(中華まんじゅう)”2個と水1杯(6元/日)
昼食:ある時は弁当、ある時は同僚と一緒に食べて割り勘(15元/日)
夕食:基本的に自炊、時々外食(10元/日)
間食:時々飲料水を買う、ビタミン飲料“脈動”(4元)が好きで毎日1瓶、週末は時々お菓子を買う(合計:5元/日)

 上記の合計は、1日36元であるから、1カ月では36元×30日=1080元となる。

【2】交通費:108元+80元=158元
公共交通の料金はカードで支払えないので、電子マネーで支払っている。料金は3.6元/日(1.8元/回×2回/日)であるから、30日間で108元(約1700円)/月。また、夜はたまに地下鉄で帰るが、キセル乗車をするので、地下鉄料金は50元(約800円)/月程度。

【3】家賃:600元
仲間との同居生活、場所が辺鄙な山地なので、家賃は600元(約9600円/月)。

【4】会食費:100元
年少の仲間と月に2回程度会食するが、基本的に材料を買って来て自宅で自炊するので、毎回50元として2回で100元(約1600円)/月。たまに外食で100元(約1600円)。

コメント3件コメント/レビュー

今回は良かった。いつも中国の暗部をこれでもかとばかりに紹介し、中国に対し蔑視感をもった不勉強な連中が喜びそうな内容が多かったが、今回はわが国ワーキングプア―族としても大いに共感を覚える内容であった。最近日本でもその安全性という面から問題になっているシェアハウスを思いだした。なに不自由なく贅沢三昧に暮らしている連中がいる一方、このようなきつきつ生活を余儀なくされている人たち、これは日本も同じだ。筆者は世界第二の経済大国なのに書いているが、人口一人当たりで90何位のはず、この部分の表現は誤解をまねく。(2013/10/18)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「月給4万8000円、成都市で暮らしていけるのか?」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今回は良かった。いつも中国の暗部をこれでもかとばかりに紹介し、中国に対し蔑視感をもった不勉強な連中が喜びそうな内容が多かったが、今回はわが国ワーキングプア―族としても大いに共感を覚える内容であった。最近日本でもその安全性という面から問題になっているシェアハウスを思いだした。なに不自由なく贅沢三昧に暮らしている連中がいる一方、このようなきつきつ生活を余儀なくされている人たち、これは日本も同じだ。筆者は世界第二の経済大国なのに書いているが、人口一人当たりで90何位のはず、この部分の表現は誤解をまねく。(2013/10/18)

通勤手当が職場から出ないのは同情するが、中国のネットユーザーは当局に実名が把握されているのに、キセル乗車を暴露するのは自爆行為なのでは?この程度で一々身元特定する程、当局が暇とも思えないが、日本人の私には自分の収入を自ら暴露する心理がどうしても理解できない。もっとも収入を隠す心理は日本人の方がむしろ数少ない例外。海外進出する場合には世界の常識・日本の非常識と割り切り、賃上げ要求も妥当なものかを冷静に見極める一種の冷徹さを身につけなければならない。情にほされて必要以上に人件費を上げ過ぎたあげく、肝心の経営が成り立たなくなるようでは本末転倒。その地域事情に見合った適正な人件費管理を粛々と行う必要があるように思う。(2013/10/18)

この記事の情報をそのまま日本に当てはめてみましょう。日本と中国の物価差は5倍と記事に書いてありますので日本人に当てはめると最低辺と言われている若者の給料は3000元×5=15000元=240000円。さて、年金・保険・税金を差っ引かれた上で24万円の手取りを貰っている日本人の若者がどれだけ居るのでしょうか。そして4000元×5=20000元=320000円の手取りを得られるようになる日本人がどれくらいいるのでしょうか。年金も保険も支払額が毎年増えております。(2013/10/18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長