• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

EUはナショナリズムへの防波堤

2013年11月14日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この連載は、ヨーロッパに23年間住んでいる者の視点から、日本の新聞記事やテレビのニュースからは読み取れない、ヨーロッパの断面をご紹介することを目的の1つとしている。

80年代に比べて統合は進化した

 ユーロ危機が連載のメインテーマなので、どうしても欧州連合(EU)のシステム上の欠陥や、ユーロ圏加盟国が抱える様々な問題点、南欧諸国に対する救済策の問題点などを取り上げざるを得ない。

 ネガティブな側面を取り上げるのは、ジャーナリストの習性の1つであるが、債務危機によってまるでEUが崩壊するような印象を与えるのは、私の意図ではない。日本の経済学者の中には、「もうEUは終わりだ」という印象を与えるコメントをしている人もいるが…

 ユーロ危機は、EUが第二次世界大戦後体験した、もっとも深刻な危機である。EUが未曾有の苦しみを体験していることは事実だが、その存在自体が問われる事態には至っていない。

 私が1980年代にNHKの記者だった頃に比べると、ヨーロッパの統合ははるかに進化している。そしてジャーナリストにとっても、はるかに興味深く、伝えるべき内容が多い地域になった。ヨーロッパ諸国は、連合体として団結することによって、国際政治の舞台でも1980年に比べて重みを増した。

 今日のEUは、1980年代の欧州共同体(EC)に比べて、政治的・経済的な統合が大幅に進んでいる。加盟国が主権の一部をEUに譲渡しているからだ。ユーロの導入で通貨が同じになっただけではない。来年からは大手銀行の監督・規制や、経営難に陥った銀行の整理についてもEUの一機関(欧州中央銀行)が取り仕切ることになる。

ヨーロッパの「遠心力」

 もちろんヨーロッパには求心力の他に遠心力もある。ヨーロッパの重要な特性は地域的な多様性だからだ。ドイツひとつをとっても、北と南ではメンタリティーや慣習が大きく異なる。EUをグローバル化の象徴とみなして、「ユーロ圏離脱」を求める勢力は、どの国にも多かれ少なかれ存在する。英国のように、EUそのものからの脱退について国民投票によって民意を問おうとしている国すらある。「各国政府が担当するべき瑣末な問題についてまで、EUは口を突っ込みすぎだ」という批判も強い。

 しかし私は、EUについて様々な議論が起きている今日こそ、その原点に立ち返る必要があると思っている。なぜEUが必要なのかについて、再確認するためである。私は、様々な問題を抱えていても、EUは必要であると考えている。今日のヨーロッパの根底にあるものを理解しないと、EUの存在意義は理解できない。

コメント10

「熊谷徹のヨーロッパ通信」のバックナンバー

一覧

「EUはナショナリズムへの防波堤」の著者

熊谷 徹

熊谷 徹(くまがい・とおる)

在独ジャーナリスト

NHKワシントン特派員などを務めた後、90年からドイツを拠点に過去との対決、統一後のドイツの変化、欧州の政治・経済統合、安全保障問題、エネルギー・環境問題を中心に取材、執筆を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長