• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

1日でなんと5248億円、アリババの特売

中国通販の急成長を象徴する“光棍節”

2013年11月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 11月11日は中国の“光棍節(独身者の祭り)”である。数字の「11」が“双(二つ並んで対)”になっていることから“双十一”(以下「双11」)とも呼ばれる。端的に言えば「独身者デー」である。ちなみに、台湾の中華民国の国慶節(国家成立記念日)は10月10日なので、“双十節”と呼ばれる。

 “光棍節”は1990年代に大学生の間で広まり、2005年頃から全国的になったもので、“光棍(独身者)”が集まって伴侶や恋人のいない寂しい日々の憂さを晴らす日なのである。11月11日当日には各地で独身者を集めたパーティーが開催されたり、インターネットを通じて独身者に対し特定地点への集合が呼びかけられたりする。<注1>

<注1>“光棍節”に関する詳細は、2009年11月20日付の本リポート「独身者集まれ!大盛り上がりの“光棍節”」参照。

独身者に的を絞った特売日

 この「独身者デー」が全国的なものとなってメディアの脚光を浴びるようになると、利に敏(さと)い商人たちは11月11日を独身者に的を絞った特売日と位置付け、独身者デーには全国各地で値引き商戦が展開されるようになった。

 これに目を付けたのが中国の電子商取引最大手の“阿里巴巴集団(アリババ・グループ)”(以下「アリババ」)だ。独身者デーに“購物狂歓節(ショッピングカーニバル)”と銘打ち、同グループが運営するB2Cの通販サイト「天猫(Tmall)」とC2Cの通販サイト「淘宝網(Taobao)」を通じてバーゲンセールを行うという賭けに出たのである。

 その記念すべき第1回ショッピングカーニバルが開催されたのは2009年11月11日であった。天猫に店舗を構える27の商店が双11を名目にバーゲンセールを行ったに過ぎなかったが、その結果はわずか1日で5200万元(約8億3200万円)の売上を記録し、予想もしていなかった大成果を収めた。これに気を良くしたアリババは毎年11月11日の「双11ショッピングカーニバル」(以下「双11カーニバル」)の開催を恒例化し、天猫と淘宝網を通じた一大バーゲンセールを実施することにした。

 中国経済の躍進に伴い、双11カーニバルの売上は年々上昇し、2012年の総売上高は191億元(約3056億円)に達した。その内訳は、天猫が132億元(約2112億円)、淘宝網が59億元(約944億円)であった。なお、天猫だけに限定して売上高の推移を見てみると、2009年:5200万元、2010年:9.36億元、2011年:52億元、2012年:132億元で、わずか4年間で約254倍も増大したことになる。

 こうしたアリババの成功を横目で見ていた“京東商城”や“当当網(ネット)”といった同業者のみならず、“国美電器”や“蘇寧電器”といった家電量販店までもが、いつの間にか双11の電子商戦に参入し、ネット通販の販売競争は激しさを増して行った。こうした環境下で、2013年の双11ネット通販商戦は本番を迎えることになった。

 家電量販店は早くも9月には大都市の地下鉄駅、街頭、自社のウェブサイトなどに「双11バーゲンセール」の広告を掲示する熱の入れようであったし、ネット通販サイトに店舗を構える販売業者は双11バーゲンセールの受注数量を予想して生産業者に商品を発注していた。

コメント0

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「1日でなんと5248億円、アリババの特売」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長