• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

韓国、この冬のヒット商品はポクポギ

節電に頼りすぎる電力需給計画

2013年12月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今週、韓国のテレビニュースで「ポクポギ」、日本でいう気泡緩衝材が話題になった。気泡緩衝材は本来、商品が割れないように包むために使うものである。ところが去年から、気泡緩衝材を窓に貼ると断熱効果があるという話が主婦コミュニティを中心に口コミで広がった。この冬は、気泡緩衝材が飛ぶように売れているという。

 使い方はとても簡単で、窓ガラスに水をスプレーして気泡緩衝材を貼るだけである。窓ガラスが冷えて室内にまで寒気が伝わるのを防止でき、室内温度が3度ほど高く保つ効果あるそうだ。結露した水滴が床に落ちるのも防止できる。マンションの廊下にある水道のメーターが凍って破裂するのを防止したり、水道管が凍るのを防止したりするためにも使う。

 気泡緩衝材は値段が安く、2000円もあれば4LDKの家中に貼れる。日本ではだいぶ前から、結露した水滴が落ちるのを防止するシートや断熱効果のあるビニールシートがたくさん売られていた。日本の節約の知恵が韓国に広がったのかもしれない。

気泡緩衝材の売り上げ拡大が“けんか”のタネに

 ニュースになったのは、気泡緩衝材があまりにも売れすぎて、宅配業界と気泡緩衝材を販売するインターネットショッピングモールとの間でトラブルが発生したからだった。韓国では気泡緩衝材を縦1メートル×横20メートル単位で購入する人が多い。家中の窓に気泡緩衝材を貼るためにはこれぐらいの大きさが必要だからだ。インターネットショッピングモールは、巨大なトイレットペーパーのように気泡緩衝材をぐるぐる巻きにしてビニールに入れて宅配便で届ける。

 問題は、気泡緩衝材はとても軽いがサイズが大きく、宅配会社の配送トラックの荷台をすぐ埋め尽くしてしまうことだ。韓国の宅配会社は、大きな家電でない限り、距離に比例して料金を設定している(郵便局はサイズと距離の両方で料金が変わる)。サイズの大きい気泡緩衝材でもサイズの小さい本でもソウル市内であれば配送料金は約250円と変わらない。

 宅配会社の立場からすると、一便のトラックで通常なら100個分の配送料がもらえるところ、気泡緩衝材ばかりだと30~40個分しかトラックに載せられない。当然のことながら利益が減る。そのため気泡緩衝材の配送を断る宅配会社や、特別料金を請求する宅配会社が現われたのだ。

 インターネットショッピングモール側は「気泡緩衝材の注文は多い日で1日1万件もある。配送を断るなんて困る」と反発している。韓国の最大インターネットショッピングモール「Gマーケット」によると、11月1~25日の間、気泡緩衝材の販売量は前年比2倍近くに増えたという。大型ディスカウントショップ「EMART」でも11月1~25日まで気泡緩衝材が前年比3.5倍も売れたという。

 ニュースは、宅配会社の事情は分かるが、だからといって突然一方的に配送を断るのは問題だ、と結んでいた。

コメント0

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「韓国、この冬のヒット商品はポクポギ」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック