• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

韓国TPP交渉への参加~「実質的には韓日FTA」との批判も

産業通商資源部は「TPPより韓中FTAを優先」

2013年12月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国政府が11月29日、TPP(環太平洋経済連携協定)交渉参加への関心を表明した。関心表明に至るまでは長い時間がかったが、決めたら後はパリパリ(早く早く)精神が稼働。韓国政府はTPP交渉に参加するための手続きを猛スピードで進めている。

 具体的には、既にTPP交渉に参加している国との2国間予備協議を始めた。12月3~6日にはインドネシアで開催された世界貿易機関(WTO)閣僚会議の場で、12月7日からはシンガポールで開催されているTPP閣僚会議の場で、いくつかの国と接触した。韓国がTPP交渉に参加するためには、先にTPP交渉に参加している12カ国の同意を得る必要がある。

 12月5日には、TPP交渉参加国であるオーストラリアとの間でFTA(自由貿易協定)について合意した。2010年5月以降、交渉が中断していたが、2013年11月から交渉を再開し、1カ月余りで妥結した。韓国とオーストラリアの国会が批准すれば、正式にFTA締結となる。

 オーストラリアとのFTAによって、韓国は牛肉市場を開放する代わりに、自動車と家電をオーストラリアに輸出しやすくなる。産業通商資源部は、交渉が続いているニュージーランド、カナダとのFTAもなるべく早く締結する方針だ。同部は「特にカナダとのFTA交渉はもうすぐ妥結しそうだ」と発表した。

 韓国政府は、TPP交渉に参加している国と韓国がFTAを締結すれば、韓国のTPP交渉参加を断ることはないと判断したようだ。韓国はTPP交渉に参加している多くの国――米国、ペルー、チリと2国間FTAを、シンガポール、ブルネイ、ベトナム、マレーシアとは韓=ASEAN FTAを締結している。TPP交渉参加国でFTAを結んでいないのは日本とメキシコだけだ。

中国の反応を慮かってきた

 韓国政府はこれまでTPP交渉に参加するかどうか、なかなか決められずにいた。韓国は、安全保障は米国に、経済は中国に依存している。同政府としては、中国がけん制するTPP交渉に参加することで中国の機嫌を損ねるのではないか、という悩みがあった。

 韓国の複数のメディアは、「韓国政府は2013年3月ぐらいから米国の勧誘を受けて交渉参加を決めた。10月には、TPP交渉に参加することを中国に知らせた」と報道している。

 次のように分析する記事もある。
 「2013年4月、日本がTPP交渉に参加することが承認された。多くの国とFTAを締結している韓国より日本の方が、有利な条件で貿易ができるようになる。これをけん制するために韓国もTPP交渉に参加することにした。このままでは韓国だけ取り残されてしまう」
 「韓米同盟を確固たるものにするため、バイデン米副大統領の訪韓前にTPP交渉参加への関心を表明した」
 「中国が防空識別圏を設定したことを受け、中国に抗議するため、米国が主導するTPP交渉参加への関心を表明した」

コメント2件コメント/レビュー

米国のUSTR代表フロマン氏が「韓国のTPP参加は、交渉妥結後になるだろう」と発言していましたよ。つまり「韓国さん、今は参加しないでくれ」という意味ではないでしょうか。来年1月にも韓国では、元徴用工裁判の最高裁判決が出ます。この裁判に対する韓国政府の対応如何では、日韓基本条約が崩壊するかもしれません。現在、日韓はまさに緊急事態です。失礼ながら、TPP参加をめぐって日韓が個別交渉しているどころではないでしょう。(2013/12/11)

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「韓国TPP交渉への参加~「実質的には韓日FTA」との批判も」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

米国のUSTR代表フロマン氏が「韓国のTPP参加は、交渉妥結後になるだろう」と発言していましたよ。つまり「韓国さん、今は参加しないでくれ」という意味ではないでしょうか。来年1月にも韓国では、元徴用工裁判の最高裁判決が出ます。この裁判に対する韓国政府の対応如何では、日韓基本条約が崩壊するかもしれません。現在、日韓はまさに緊急事態です。失礼ながら、TPP参加をめぐって日韓が個別交渉しているどころではないでしょう。(2013/12/11)

記事のとおり、韓国にはTPP参加の是非にかかわらずメリットは無いでしょう。メリットが欲しければ、卑日・反日をやめ、親中をやめてしまえば、どんどん資本流入するのにね。(2013/12/11)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授