• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

北京で発見!マンホールに住む“井族”

“蟻族”“鼠族”に続く新たな民族の出現に世論沸騰

2013年12月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 12月4日、北京市の北東部にある“朝陽区”で“井族”の存在が明らかになった。翌5日に中国メディアが、“井族”をすでにその存在が中国社会で問題視されている“蟻族”<注1>や“鼠族”<注2>に続く新たな種族として大きく報じたことから、朝陽区役所はその対応に大わらわとなった。“井族”とは中国メディアが名付けたもので、正しくは“井居者”を指す。ここで言う“井”とは“窨井(マンホール)”のことで、“井居者”とはその言葉の通り「マンホールに居住する人」を意味する。

<注1>“蟻族”とは、大学は卒業したものの正規に就職できず、臨時的な仕事に従事するか、失業あるいは半失業状態にあり、低所得であるために“城中村(都市化に立ち遅れて生活水準が低い「都市の中の村」)”に集まって暮らしている人々を指す。詳細は2009年11月6日付の本リポート「“蟻族”急増中、大学は出たけれど・・・」参照。

<注2>“鼠族”とは、低所得で普通の部屋を借りるカネがないので、防空壕を改造した地下室に居住する人々を指す。詳細は2011年1月7日付の本リポート「“蟻族”に続いて“鼠族”が出現」参照。

マンホールに消えていった老婦人

 “井族”が発見されたのは、朝陽区の公園“麗都花園”に近い“麗都広場”の南門に面した通りにある緑地帯であった。麗都花園は、北京市の市街区から6キロメートル程の距離にあり、市街区から北京国際空港へ向かう高速道路の右側に位置し、付近には北京日本人学校がある。その麗都花園に隣接するのが麗都広場であり、高級なホテルやマンションに囲まれた閑静な地域である。

 ある北京市民が麗都広場に面した通りの駐車場へ車を取りに行こうとして、ふと前方の緑地帯に目をやると、街路灯の薄明かりの中に1人の老婦人がマンホールの蓋を開けて、その中へ入って行こうとしているのが見えた。一瞬目を疑ったが、間違いない。

 一体どうしたのだろう、何か困ったことがあるようなら助けなきゃいけないし、警察に通報することも必要かもしれない。そう考えてマンホールに走り寄って穴の中をのぞき込むと、あにはからんや、中には明かりが灯り、子供の笑い声まで聞こえ、布団も見えた。これは人の住み家かもしれない。そこで、中にいる老婦人に向かって、何か助けは必要ないかと尋ねると、老婦人は「何も必要ない。ここはとっても暖かいから」と答えた。

 上記の目撃談が12月4日付でインターネットの掲示板に書き込まれると、ネットユーザーたちの興味を引き、ネット上で大きな話題となった。これを知った北京紙「北京晨報」の記者が掲示板に書き込んだ目撃者に連絡を取り、具体的な場所を確認したうえで、現場取材を行って書いたのが、12月5日付で同紙が報じた「70歳の老夫婦がマンホールを住み家に5~6年」という記事だった。その内容は以下の通り。

コメント3

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「北京で発見!マンホールに住む“井族”」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック