• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

暴露された「赤い貴族」たちの隠し財産

タックスヘブンに群がる中国の資産家たちの実態

2014年1月31日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 1月22日、公共秩序騒乱罪に問われた、著名な活動家で弁護士の“許志永”(40才)に対する裁判が“北京第一中級人民法院(地方裁判所)”で行われた。

 許志永は“新公民運動(New Citizens Movement)”の創始者で、中国の共産党・政府高官に財産公開を義務付けることにより蔓延する汚職や職権濫用の抑制を提唱していた。彼は仲間とともに横断幕を掲げたりビラをまいたりしたことを理由に、2013年4月に身柄を拘束され、8月に“聚衆撹乱公共秩序(大勢の人を集めて公共秩序を撹乱した)”として正式に逮捕されたのだった。

 許志永の裁判は同日に結審となり、1月26日に北京第一中級人民法院は許志永に対して懲役4年の一審判決を言い渡した。

3億円に相当する習近平の個人資産

 上記の許志永の裁判と関連があるのかは定かではないが、その5日前の17日には米国を本拠とする中国語ニュースサイト“博訊新聞網(ネット)”が、消息筋の話として、「中国共産党中央政治局常務委員7人が個人財産の申告をすでに完了しており、近く公開される可能性がある」と報じ、真偽不明を条件として、その概要を示したのが下図である。

中央政治局常務委員7人の個人資産
預金 家屋不動産(所在都市)
習近平 230万元(約3910万円) 3戸(福州、杭州、北京)
李克強 180万元(約3060万円) 2戸(鄭州、北京)
張徳江 180万元(約3060万円) 2戸(広州、北京)
兪正声 370万元(約6290万円) 2戸(武漢、上海)
劉雲山 170万元(約2890万円) 1戸(北京)
王岐山 480万元(約8160万円) 2戸(広州、北京)
張高麗 390万元(約6630万円) 2戸(済南、天津)

 中国の最高指導者である“習近平”の預金が230万元(約3910万円)というのは少ないように思われるかもしれないが、中国の人民元と日本の円を比べると、その貨幣価値は前者が後者よりも5倍程度高いから、5倍と仮定して計算すると、習近平の預金は約2億円になる。さらに家屋不動産が3戸あるから、その資産総額は少なく見積もっても3億円以上であることは間違いない。

 これに対して、2013年3月に公開された安倍内閣の資産公開では、第1位が首相経験者である麻生太郎氏の4億7139万円であったが、元々の資産家である麻生氏は比較対象にはならない。一方、安倍首相は第6位で1億793万円であった。安倍氏はこれ以外に株式5万株以上、ゴルフ会員権10口を所有しているというが、これらを合計しても習近平には及ばないだろう。そればかりか、上記の内容が表向きの正しい数字だとしても、彼らの親族も含めた資産の全容は想像を絶する規模であることは間違いない。

コメント3件コメント/レビュー

かつての中華民国・国民党軍も台湾に逃げたように、中国軍の幹部は、戦争になったら海外に逃げられるよう巨額の財産と家族を海外に置いています。個人主義の中国人にとって、国家や国土など、どうでもいいのです。そんな中国軍は尖閣どころか、わずか5キロ対岸の金門島すら攻略できないと考えます。中国軍を握る中国共産党幹部が海外に逃げる気なのですから、軍の士気など上がるはずがありません。(2014/01/31)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「暴露された「赤い貴族」たちの隠し財産」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

かつての中華民国・国民党軍も台湾に逃げたように、中国軍の幹部は、戦争になったら海外に逃げられるよう巨額の財産と家族を海外に置いています。個人主義の中国人にとって、国家や国土など、どうでもいいのです。そんな中国軍は尖閣どころか、わずか5キロ対岸の金門島すら攻略できないと考えます。中国軍を握る中国共産党幹部が海外に逃げる気なのですから、軍の士気など上がるはずがありません。(2014/01/31)

中国の友人達も共産党幹部が家族の名義で莫大な資産を国内外に有している事は知っていた。陰では彼等を「とんでもない奴ら」と非難するが、公然と批評すれば危ない事も分かっている。有名な批評家は懲役刑で済むが、名も知られていない批評家達は知らぬ間に「いなくなる」との事だった。中国は経済発展する為に資本主義を取り入れたけれども、基本は「共産党独裁政権」の国だ。ソ連に置けるゴルバチョフの様な政治家は出てきても趙紫陽の様に軟禁されたまま生涯を終える事になる。独占出来る富の規模が大きいので、「特権」を手放して民主化を進める指導者が出て来ない。曾ての東インド会社と重なる部分が大きい。GDPが米国のそれを超えるまでに、民主化が進む事に期待する。(2014/01/31)

まぁ中国は分かったが、日本の政治家の公開資産が正確な数字であると、これは誰も信じていないのではないか。毎日、高級ホテル、高級料亭でウン万単位の食事をしている人たちが真面目に福島の復興を考えているとは思えない。目糞鼻くそを笑うではないか。(2014/01/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長