• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

毛沢東以来の権力集中見せつけて改革断行?

習近平政権1年目の両会

2014年3月12日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国に来ている。だが全人代(全国人民代表大会)と全国政治協商会議の両会(2つの政治イベントを総じてこう呼ぶ)開催中でぎちぎちに警戒中の北京ではなく、とりあえず南方・広東をうろうろしている。南方といえば、2月の風俗店への一斉手入れの余波が気になるところで、東莞の工場勤めの日本人の知り合いに聞けば、風俗店だけでなく、ふつうの足裏マッサージ店ですら閉店を強制され、大量の失業者を出しているという。工場の求人窓口には、風俗系の妙に色気のある女の子たちが並んでいて、面接にも先の「黄掃」で職を失ったので、生活が成り立たなくなった、と訴えているそうだ。工場側は春節明けの労働者確保の大変な時期だけに大歓迎らしいが。

 地元民にきけば、先日の「風俗一掃(黄掃)キャンペーン」の目的は、庶民に「国家主席はやると言ったら徹底的にやる」という政権の強さを見せつけることだったという。過去、東莞は何度も風俗一掃キャンペーンを行ったが、ここまで長期的に徹底されることはなかった。では政治的な背景はなかったのか?と聞くと、「お上のやることに政治的な意味がないなんてことはない」。

 やはり前中央政法委員会書記で前政治局常務委の周永康の失脚発表間近(?)の噂や、その背後の石油閥の解体とかかわりもあるように見える。なにせ1つのアクションに2つも3つも効果を期待する政治巧者たちの国であるから、いろいろな分析が可能である。在米亡命華人学者の何清漣がブログ記事で指摘していたが、今回の両会は「公開虎退治」、つまり腐敗大物政治家たちの失脚を見せつける場だとか。おそらく最大の虎は、両会に姿を見せなかった周永康であろう。「毛沢東以来の権力集中」と評価される習近平政権がこの1年で、共産党的長幼の序を覆し、力技で改革の抵抗勢力を排除していくことができることをお披露目する場といえるかもしれない。

「古い方式で新しい改革を」

 ちなみに習近平政権を「毛沢東以来の権力集中」と形容したのは、とある政策ブレーンの学者である。彼によればあの「三中全会」の決定文書がまとまるまでには、約300人の政策ブレーンたちがかなり自由に意見を述べ合って議論し、8回にわたる修正を経てまとめあげられ、中国の今後20年を左右する改革方針に仕上がったとか。そのポイントを端的にいえば、習近平への権力集中であり、その権力集中をもって改革を断行する、ということだそうだ。ドラスティックな改革をするには、強い権力集中が必要で、「古い方式(毛沢東並みの独裁で)新しい改革(鄧小平並みの改革)を」ということらしい。

 この方向性には党中央政治局でおよその意思統一がなされているそうで、だからこそ、習近平が中央国家安全委員会主席という江沢民ですらかなわなかった軍、安全部、公安部、外交部をまたぐ指揮系統のトップにつき、胡錦濤もできなかった軍制改革に着手でき、政治局常務委経験者の汚職追及という共産党の旧秩序を覆すような判断が可能となったのではないか、とこれまでの現象にそれなりに納得がいくのである。

 その政策ブレーンによれば、習近平の改革はゴルバチョフの改革よりもずっと緻密に練られているそうだ。なので、ゴルバチョフが経験したような旧ソ連解体という「失敗」は犯さない、とか。それだけ集中した権力を使いこなせるほど習近平は政治家として優秀なのか、という質問に対して、習近平は過去の指導者に比して突出したリーダーシップはないが、調整に優れた能力をもち、「調整能力」こそ政治家にとって最も必要な資質である、とのことだ。

コメント0

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「毛沢東以来の権力集中見せつけて改革断行?」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長