• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

検証・ウイグル族による無差別殺傷事件

なぜ敬虔なイスラム教徒は漢族を襲ったのか

2014年3月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2014年3月1日の夜9時過ぎに雲南省の省都“昆明市”の“昆明火車站(昆明鉄道駅)”で発生した、大型ナイフで武装した男女8人(男6人・女2人)の集団による、居合わせた人々に対する無差別殺傷事件は、死者25人、負傷者143人を出す大惨事となった。武装集団は緊急出動した警官隊によって4人が射殺され、1人が捕縛されたが、残る3人は現場から逃走したものの厳しい追跡に逃げ場を失い、3日までに全員が拘束された。中国政府“公安部”は容疑者自宅の捜索で、ウイグル分離主義過激組織「東トルキスタン・イスラム運動」(ETIM)の旗を発見したとして、事件をETIM所属のアブドレヒム・クルバンを首謀者とする集団による無差別テロと断定した。

旗の下、相次ぐ無差別テロ

 昨年10月28日に北京の天安門前で発生した車両の突入炎上事件(死者5人、負傷者38人)でも、公安部はほぼ完全に焼け落ちた車内から宗教的スローガンが書かれた旗を発見したとしてウイグル族の独立派組織による無差別テロと断定していた。天安門前事件に直面した一般大衆は、その憎悪の対象をテロリストに限定せず、ウイグル族全体に拡大していたから、今回の昆明鉄道駅事件でウイグル族に対する憎悪はより一層激しいものとなっている。しかし、中国政府はいずれの事件も報道管制を敷き、官製メディアである「新華社」の配信するニュース以外の報道を規制しているので、事件の真相は藪の中であり、2つの事件が本当にウイグル独立を求めるテロリストによるものか否かは分からないのが実態である。

 さて、海外に拠点を置く中国語ニュースサイト「“阿波羅新聞網(アポロニュースネット)”」は3月6日付で、「新疆ウイグル族一家7人が漢族を惨殺した真相」と題する亡命作家“伊利夏提(Ilshat)”の記事を掲載した。その概要は以下の通り。

コメント0

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「検証・ウイグル族による無差別殺傷事件」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長