• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

映画「KANO」と台湾アイデンティティ

話題作が問う「日本統治」と「中華意識」再考

2014年4月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 前回に引き続き、今回も台湾の話題になる。3月末に台北を訪れたときに、一部で大変話題となった映画「KANO」を観てきた。

 この映画は、このコラムでも以前取り上げた「セデック・バレ」を撮った魏徳聖がプロデューサー、監督はセデック族の血を引くイケメン俳優の馬志翔。彼は「セデック・バレ」でも、主人公と対立するセデック族の一部族の頭目役で出演していた。主演は日本人の永瀬正敏。台湾映画であるが、国境民族を超えた合作映画ともいえ、セリフの7割が日本語、2割が原住民の言葉、1割が台湾方言か客家方言。おそらく中国人は字幕がなければほとんど理解できない。

 映画の内容も民族を超えて1931年の甲子園準優勝を勝ち取った「嘉義農林学校野球部」を舞台にした青春ドラマである。知り合いの台湾人たちが、「泣いた!」「2度観ても、また観たい」「少なくとも4度は泣く」と大絶賛だったこともあり、来年まで待てば日本でも公開されるはずなのだが、待ちきれずに取材の合間に台北の映画館に足を運んだ。

今の台湾人が、もっとも問われているテーマ

 案の定、私は最初から最後までほぼ涙を流しっぱなしだった。ちなみに私が泣いたからといって名作とは限らない。世間で駄作とこき下ろされる映画でも、実はけっこう泣く。「KANO」は台湾で、公開1カ月あまりで興行収入3億ニュー台湾ドル近いと大ヒットを飛ばしたというから、出来のよい映画だろう。そして一部識者からは「日本の植民統治時代を美化しすぎている」「日本の皇民史観に腐食された台湾アイデンティティ」といった攻撃的な批評も出るほど、インパクトもあった。

 なぜ、台湾で「KANO」がこんなに話題になったのか。答えを先に行ってしまうと、この映画の中で描かれる台湾アイデンティティというものが、今の台湾人にもっとも問われているテーマだからだろう。

 私は年初に台湾を訪れて今年は中台間に何か動きがあるのではないかと予感したのだが、台湾で今、起きていること、これから起きるであろうことを理解したり、推測したりするには台湾アイデンティティとは何か、がわからねば見誤るだろう。この映画から見える「台湾アイデンティティ」について考えたい。以下、多少映画のネタバレも入る。

コメント5

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「映画「KANO」と台湾アイデンティティ」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長