• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アップルに差す2つの影

「Haunted Empire」著者の感じたデジャヴと変転する帝国

2014年4月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アップル創業者である故スティーブ・ジョブズの伝記は数多あるけれど、3月にアメリカで発刊された『 Haunted Empire 』 は、「ジョブズ後のアップル」について書かれた、恐らく初めてのまとまった本だ。

 経営コンサルタントの私から見ると、ほかの人にマネできない超人ジョブズの事績よりも、「普通の人」たちがその帝国を受け継いで、どのように経営していくのか、という事例の方がはるかに興味がある。カリスマ創業者が成功させたベンチャーが、必ず通らなければならない道であり、多くを学べるからだ(関連記事:「普通の会社」化するアップルの行方)。

 そしてこの本を書いたのは、米国育ちの日本人ライター、ケイン岩谷ゆかりさん。ジョブズ時代末期からその後しばらく、米経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル在職中にアップルを担当していた。本を読んでみて、日本とアメリカのマルチカルチャー環境にいる彼女だからこそ書ける、独自の視点が私には感じられた。

 それで、早速サンフランシスコ在住の岩谷さんにお話を伺ってみた。

もう1つの背後霊の正体

 署名のHaunted Empireとは「(亡霊に)取り憑かれた帝国」の意味で、もちろん取り憑いているのはジョブズの亡霊である。この本ではアップルという組織がいかにジョブズという天才を軸に最適化されていたか、その軸が外れてどうなりつつあるのか、ということが、複数のアップル幹部の描写を通して分かりやすく描かれている。

 しかし私にはどうも、もう1つの「背後霊」が見えて仕方ない。

 岩谷さんも私と同様に、「普通の会社」へと変化せざるを得ないアップルの変転に興味があってこの本を書いたという。

 「もう何十年もたつのに、ソニーではいまだに『盛田さんがいたら』という話が出るんですよ。でも、創業者の盛田昭夫さんが退いた直後のソニー、というのをきちんと記録した本ってないんですよね。もしあったら、どこからどうして今の状況に至ったのか、という変転が分かると思うので、残念です。それで、私は今回、アップル変転の第一歩を記録しておきたい、と思ったのです」

コメント2

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「アップルに差す2つの影」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック