• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

インドネシアの華人虐殺930事件

「アクト・オブ・キリング」が語るもの

2014年4月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 話題の「アクト・オブ・キリング」というドキュメンタリー映画を観た。ジョシュア・オッペンハイマーという米国人監督の作品で、1965年9月30日のインドネシアの軍事クーデター(未遂)とその後に展開されるスハルト軍事独裁体制での共産主義者、華僑らへの虐殺(9月30日事件、930事件)の加害者側、つまり「虐殺者」に「自らを主人公にした映画を創らせ、そのメイキングをドキュメンタリーとして撮影する」という奇抜な手法で歴史を振り返る。

虐殺とは?正義とは?英雄とは?

 この奇抜な取材法が、監督すら予期せぬ化学反応のような結末を生み、虐殺とは何か、正義とは何か、英雄とは何か、国際政治とは何か、そしてジャーナリズムとは何かを深く考えさせ、エンタメ性も備えた傑作となった。アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門は惜しくも逃したが、世界各国のドキュメンタリー賞を総なめにしたこともあって、日本でも映画館に立ち見が出るほど観客が殺到している。

 先日、友人から、中国人はこの映画を見てどう感じているだろうか、中国政府はインドネシア政府にどうして抗議しないのか、日本の南京大事件はあんなに非難しているのに、といった質問を受けた。なるほど事件当時、毛沢東はスハルトファシスト軍事政権を粉砕せよ!と、すわ人民戦争だ!というほどの勢いでインドネシアを非難し、国交を断絶した。

 だが1990年に国交が回復したのちは、ほとんどこの歴史事件は振り返られない。1998年の華人排斥暴動(5月暴動)で、女性・子供も含めた1200人以上の中国系インドネシア人が虐殺された。これも当時から報道が抑制され、2013年の事件15周年も、追悼報道などほとんどなく、ネット上では事件のキーワードが削除対象になった。今なお、インドネシアには華人蔑視が根強い。なのに、最近のインドネシアの華字新聞「千島日報」では、インドネシア政府への批判ではなく、「日本の占領時代の虐殺の歴史を忘れるな」といった記事が掲載される。

 これはなぜなのか。「アクト・オブ・キリング」は中国でも、ネットでそれなりにダウンロードされて観られているようだが、なぜ華僑同胞のために、インドネシア政府に賠償責任を、といった世論が起きないのか。今回は、そういうことを少し考えてみたい。

コメント5件コメント/レビュー

たいへん勉強になる記事でした。面白かったです。そんな映画があるのですね。観なくては。インドネシアも(中国も)とても一筋縄ではいかない大国なので、わたしはこれから中国・インドネシア関係が、国際政治の潮流のなかでどう変化してゆくか、ドキドキしながら観ております。先月インドネシア国防省がナツナ諸島沖の中国の南シナ海「九段線」に対し初めて不快感を表明したことに注目しております。すわ、スハルト時代、マフィリンド時代に先祖がえりか!?南シナ海問題で大国インドネシアがフィリピン側に加担してくれれば、日本にとってはよい話ですが、とにかくインドネシアは一筋縄ではいかないので、どうなることやら。もっとも、そうなったらそうなったで、またインドネシアで華人華僑迫害なんて話にならないとよいのですがね。印尼華人や大馬華人は(むかし日本軍にやられた筈の割には)日本びいきが多いので。(2014/04/16)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「インドネシアの華人虐殺930事件」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

たいへん勉強になる記事でした。面白かったです。そんな映画があるのですね。観なくては。インドネシアも(中国も)とても一筋縄ではいかない大国なので、わたしはこれから中国・インドネシア関係が、国際政治の潮流のなかでどう変化してゆくか、ドキドキしながら観ております。先月インドネシア国防省がナツナ諸島沖の中国の南シナ海「九段線」に対し初めて不快感を表明したことに注目しております。すわ、スハルト時代、マフィリンド時代に先祖がえりか!?南シナ海問題で大国インドネシアがフィリピン側に加担してくれれば、日本にとってはよい話ですが、とにかくインドネシアは一筋縄ではいかないので、どうなることやら。もっとも、そうなったらそうなったで、またインドネシアで華人華僑迫害なんて話にならないとよいのですがね。印尼華人や大馬華人は(むかし日本軍にやられた筈の割には)日本びいきが多いので。(2014/04/16)

第二次大戦後の枠組みで国際社会が構築されている以上、連合国に属しなかった国は一切の弁明が封殺されています、日本しかり、ドイツしかり。ただその中で、敗戦国側にも拘らず批判をするりとかわすイタリアや、敗戦国の一部だったはずなのに賠償もせず何故か戦勝国顔をして振舞う韓国など狡猾な国家がいくつも存在することが最近の日本国内の苛立ちの一つとなっていると思います。(2014/04/16)

日本がどのような対応をしようと中国は日本に対する文句を言うのは止めないのだから、安易に『人道上の問題として反省します』というような外交姿勢ではダメ。火に油を注ぐようなもの。中国は工業発展の過程で日本の技術と支援が必要な時に友好な雰囲気を盛り上げたが、一旦ある程度の自信と他からの支援が手に入れば、反日になった。これからも変わらないでしょう。中国とは最低限度の民間同士の付き合いに留めておくべき。中国から頭を下げて日本に頼みごとをしに来るように、日本は自国の発展に力を注がなければならない。(2014/04/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長