• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

香港の歩行者天国で起きた中国幼児排便事件

大便を小便に、事実を捻じ曲げる中国の論理

2014年5月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 香港の九龍半島の目抜き通り、“彌敦道(ネイザン・ロード)”を“油麻地(ヤウマテイ)”から“旺角(モンコック)”へ向かい、途中から一本東の通りへ入ると、旺角の繁華街“西洋菜南街”に出る。西洋菜南街は露天の屋台が軒を連ねる“女人街(ノイヤンガイ)”と並行して走る旺角地区を代表するショッピングストリートで、夕方や休日には歩行者天国となる。“西洋菜”とは野菜のクレソンを意味する。日本ではクレソンを西洋料理の付け足しとして使うのが一般的だが、中国の西洋菜は日本のクレソンとは品種が異なるようで、広東や香港では西洋菜を油で炒めて食べるのが定番である。西洋菜南街という地名は、かつてこの地がクレソンの産地であったことに由来しているのかもしれない。

2歳の息子に歩道で大便させる中国人夫婦

 さて、2014年4月15日、西洋菜南街で香港人と中国人の間に一大論争を巻き起こす事件が発生した。事件現場を撮影した動画から事件の概要を取りまとめると以下の通り。

【1】中国本土から香港へ観光旅行に来た一家3人<33歳の“薛”姓の夫と29歳の“付”姓の妻、2歳の息子>は、息子をベビーカーに乗せて香港の休日を楽しんでいた。4月15日の夕方5時頃、一家は西洋菜南街の歩行者天国を歩いていたが、突然2歳の息子が便意を催した。すると夫婦は慌てることなく、ベビーカーを車道の歩道寄りに止めると、息子をベビーカーから降ろして歩道に上った。妻が息子の半ズボンを下げて、その場にしゃがませると、息子は歩道の上に大便をした。大便が終わると妻はその上にティッシュペーパーをかぶせて隠し、別のティッシュペーパーで息子の尻を拭いた<注1>。妻が息子のズボンを上げると、一家は何事もなかったかのようにその場を立ち去ろうとした。

<注1>ネットにはこの事件に関する動画がニュース報道も含めて多数掲載されているが、夫婦が大便をそのまま放置したか、紙に包んで持ち去ったかを示す映像はなく、真相は不明である。ただし、動画には妻が紙に包んだ物を小さな袋に入れて手に提げた場面が映っているので、持ち去ったものと思われる。

【2】その時、夫は自分たちのそうした一部始終を撮影している男がいることに気付いた。息子の排便の様子を撮影するとはけしからん。頭に血が上った夫が撮影していた男に駆け寄って「何を撮影している」と叫ぶと、男は「お前たちを撮っている」と応じた。これを聞いて興奮した妻が男に向かって何事かを大声で叫び、その声に男が気を取られた隙に、夫が男の手からデジカメを奪い取った。男がデジカメを取り戻そうと慌てて夫の腕をつかむと、夫はすかさずデジカメからメモリーカードを抜き取った。デジカメは男の手に戻ったが、メモリーカードは奪われた。撮影していた男は、「泥棒、メモリーカードを返せ」と夫に迫るが、夫は頑として聞き入れない。すると、男は夫婦に向かって「私はメディアの記者だ、メモリーカードを返してくれ」と改めて要求したが、夫婦は全く聞く耳を持たなかった。そこで男は「警察へ通報してくれ」と周囲を取り囲む野次馬に向かって協力を要請し、誰かが警察へ通報した。

コメント17件コメント/レビュー

先日、通勤途上、道路で母親が子供に小便をさせている光景に出くわし、はたまた、静安寺久光デパートにあるcoco壱では女性が座席でオシメを換え始めました。国民の衛生概念は上海でさえこのレベルです。(2014/05/22)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「香港の歩行者天国で起きた中国幼児排便事件」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

先日、通勤途上、道路で母親が子供に小便をさせている光景に出くわし、はたまた、静安寺久光デパートにあるcoco壱では女性が座席でオシメを換え始めました。国民の衛生概念は上海でさえこのレベルです。(2014/05/22)

中国のネットユーザーは環球時報の記事だけでコメントを書いてはいけない事をしっかり学んだでことでしょう。「中国は香港やフィリピンやベトナムの無礼な行為を指摘するだけでなく、彼らにもっと寛容であるべきだ。中国が大きな度量を示すことができないなら、それ自体が道義に外れる行為であることを認識すべきである。」相手には声高に言いますが、自分もそうである事を十分に認識して頂きたいものです。反日教育をする暇だけはあるそうなんですがねぇ・・・ (2014/05/20)

私も香港の直ぐ北側のシンセンの商店の建ち並ぶ道路の舗道上で親が子供に小便をさせている光景に出くわした事が2,3度ある。中国本土では「珍しい」出来事ではないのだ。都会で子供の頃から育った人は多少マナーの何たるかを理解しているが、田舎の人にとって路上での排便は「当たり前の事」なのだ。2、3歳程度の子供が、記事に書かれている股部分に穴の開いたパンツともズボンともつかない服を見た事もある。小便だけでなく、大便もそのまま出来てしまう様に見えた。中国の先進地域は見た目は普通の先進国と変わらない。いや、むしろ政府が関与して小さな建物を建てさせないので、建物も概して大型で立派に見える物が多い。然し、田舎で生活している大多数は未だに50年前と殆ど変わらない生活レベルに留まったままでいる。子供に排便させている周りの景色を田舎の田園風景に置き換えれば、「ドキッ」とする程の光景でもないのかも知れない。現に、中国のGDPは世界第二位になったとは言っても、一人当たりのGDPはでは2013年で世界84位である。因に日本は2012年の13位から円安で24位まで落ち込んだ。それでも日本の約6分の1だ。日本の30年前でも現在の半額程度だから、如何に低いかが分る。だから、「発展途上国」と考えればそれ程に驚く程の事ではない。現代の中国には先進国並の先進性と更新農業国家が雑然と同居している国なのだ。(2014/05/19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長