• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

韓中首脳会談:中国の日本批判に韓国も賛同するよう要求

韓国にもパンダがやってくるが、国民感情は変わらず?

2014年7月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国の習近平国家主席が7月3~4日、韓国を訪問した。中国の国家主席が韓国を訪問したのはこれが4度目。ただし、北朝鮮より先に韓国を訪問したのは初めてのことである。ほかの国を訪問するついでに韓国を訪問したのではなく、韓国単独訪問というところも話題になった。

 習近平国家主席が韓国を訪問する前、中国政府は友好の証しとしてジャイアントパンダ2頭を韓国に贈ると発表した。税関の手続きが終わるまで2年はかかるというので、パンダが韓国にやってくるのは2016年になりそうだ。

 パンダが韓国にやってくることに関して面白い記事があった。朝鮮日報は7月4日、北朝鮮軍が射撃訓練の際にパンダの絵を描いた標的を使っていると報じた。北朝鮮側は、中国が韓国にパンダを贈るほど両国が仲良くなったことに怒っているというのだ。

 中国は1994年に、韓国と中国の修交2周年を記念し、ジャイアントパンダ2頭を贈ったことがある。サムスングループが運営する動物園「エバーランド」で飼育していた。しかし1997年末の通貨危機の際、韓国政府は年間100万ドルのパンダ賃貸料を払い続けることができず、1998年2月に中国に返却した。実は2013年にも、韓国にパンダを贈るという提案が中国政府からあった。だが韓国政府は、高い賃借料と年間50億ウォン(約5億円)かかるという餌代や飼育場の管理が手に負えないとして断っていた。

 中国からの2度目の提案に、韓国政府も今回は断れなかったようだ。韓国政府は2018年のピョンチャン冬季オリンピックに向けて、2016~2018年に観光客誘致キャンペーンを大々的に行う予定。2016年にパンダが韓国にやってくれば観光名所になるのではないかと期待する面もある。

 日本にも2011年4月、上野動物園にジャイアントパンダ「リーリー」と「シンシン」が来た。一般公開されると、3000人の行列ができるほど大きな騒ぎになった。韓国政府も同じことを期待しているようだ。中国は韓国に対して、友好の証しと言いながらも、パンダの賃借料をおまけしてはくれなかった。中国は日本に対しては「リーリー」と「シンシン」の賃貸料を通常より5万ドル安い年間95万ドルにした。

コメント13

「日本と韓国の交差点」のバックナンバー

一覧

「韓中首脳会談:中国の日本批判に韓国も賛同するよう要求」の著者

趙 章恩

趙 章恩(ちょう・ちゃんうん)

ITジャーナリスト

研究者、ジャーナリスト。小学校~高校まで東京で育つ。ソウルの梨花女子大学卒業。東京大学学際情報学府博士課程に在学。日経新聞「ネット時評」、日経パソコン「Korea on the web」などを連載。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック