• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

CCTV劇場型汚職摘発の裏側

人気愛国キャスターはなぜ突然、連行されたか

2014年7月23日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 CCTV一の民族主義的愛国キャスター芮成鋼が突然、検察当局に連行されてしまったことは、なかなか衝撃的であった。驚いたのは、汚職摘発という名の権力闘争に関しては「愛国無罪」が通用しないということ。そして軍部に続いて、いよいよ「党の喉舌」(メディア)も、習近平の汚職一掃キャンペーンの狩場になってきたということ。

 中国共産党を支えるのは「二本の棒(竿子)」と毛沢東は言った。すなわち、銃とペン(軍とメディア)。かつての軍制服組トップの徐才厚を徹底的につぶし、軍の粛清に入るとともに、いよいよ共産党宣伝機関にして「秘密の花園」CCTVの大掃除に入ったわけだ。CCTVで吹き荒れる摘発の嵐が前政治局常務委員で前中央政法委書記の周永康を中心とした事件に連座したものと思われるが、その摘発が中国にしては珍しく劇場型で衆人環視のもとに行われたことも興味深い。CCTVをめぐる汚職と権力闘争の構図を整理しておこう。

「銃」に続き、「ペン」も汚職一掃の標的に

 CCTV汚職摘発は5月から始まっていたが、なんといっても芮成鋼のような人気キャスターが7月11日の生放送直前に連行されたことは、習近平政権の容赦のなさを印象づけた。視聴者は7月11日夜8時半に始まるCCTV財経チャンネルの経済報道番組 「経済信息聯播」のテレビ画面で、女性キャスター謝頴頴の隣の席が空いているのを見て驚いた。本来ここに座る予定のアンカーマンが芮成鋼。番組の微博のオフィシャルアカウントでは午後7時半ごろに、芮成鋼と謝頴頴の出演が、きっちり予告されているというのに、番組が始まると芮成鋼はおらず、番組中何の説明もない。これはどうしたことだと、ネットでも騒然となった。

 おそらく聡い視聴者は、この異変が5月から始まっている「CCTV汚職摘発」と関連があると気付いただろう。財経チャンネルでおなじみの美人キャスターの欧陽智薇も6 月以降ふっつりテレビ画面から姿を消していて、それが汚職がらみであることを視聴者はわかっていた。だが、芮成鋼ほどの国民的人気キャスターが、こんな形で失墜するとは。

 芮成鋼は37才、共産党員で、ハンサムで、横柄で、俺がアジアで一番偉い記者、という態度を隠さない自信家のキャスターだ。いつも俺様な態度で、要人記者会見では流暢な英語で、独演会みたいな質問をする。印象深いのは2010年のG20ソウルサミットのとき、オバマ大統領の記者会見で、オバマが最後の質問はホスト国の韓国の記者に、と言っているのに、マイクを奪って、私はアジアの代表として質問する、と強引に質問。2011年秋のダボス会議大連コンファレンスでは、ゲイリー・ロック駐華大使に、北京から大連までの飛行機がエコノミーなのはやはり米国に金がないということのアピールですか、と小ばかにしたように質問していた。

コメント5

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「CCTV劇場型汚職摘発の裏側」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長