• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

上海福喜事件@中国報道

食の不安より「外資の信用失墜」に力点

2014年7月30日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 すでに日本で盛大に報道されている上海福喜食品工場の保存期限切れ肉問題について、遅ればせながら取り上げようと思う。というのも、この問題は、日本で報道されているのと中国で報道されているのと、かなりニュアンスが違うのである。

 地元上海のテレビ局記者らが従業員に変装して2か月あまり潜入取材した結果、暴いた食品工場の数々の組織的な「食品安全法違反」の実態は、衝撃的な映像もあり、またその商品の一部が日本にも輸入されていた可能性があるということで、日本では2007年の毒餃子事件以来のショッキングな「中国の食品安全問題」として報じられた。だが、中国では外資食品企業へのバッシング報道の色が強い。

 中国の報道ぶりを見ながら、このニュースの背景について一考してみたい。

「食品工場のブラックホール」に潜入

 まず、最初のきっかけとなった報道を簡単に振り返る。7月20日、上海テレビの新聞総合や上海東方衛視などで潜入取材特集報道「食品工場のブラックホール」が放送された。米国大手食品OSIグループの上海現地法人・上海福喜で、賞味期限切れの鶏肉や牛肉パテを原料に使っていたという。飲食産業の裏側で賞味期限切れ食材が使われていること自体、食品安全問題が日常茶飯事的に報道されている中国ではさほど驚くに値しない。だが、この福喜の場合、保存期限の超過ぶりが7か月以上であったり、肉が緑に変色し臭いもおかしかったりと、半端ない悪辣さだった。

 特に組織的な保存期限ロンダリングの手法。例えば、チルド鶏肉原料の保存期限は一般に6日。6日過ぎそうになると冷凍し、数か月後に再解凍して7日目に使用する。建前上はチルド保存期限6日間内に使用したことになるが、再冷凍再解凍で品質が劣化しているだけでなく、事実上のチルド期間の保存期限を一週間オーバーしている。これがチキンナゲットの原料になった。

 2013年5月に製造された冷凍ステーキ肉(保存期限180日)が上層部のメールによる指示で2014年6月15日までの保存期限に改ざんされた。これだけでも、大変な保存期限超過であるのに、さらにそのステーキを小さく裁断して再包装しなおして新しく保存期限1年とするのである。

 さらにナゲットの製造過程ででる形の悪い不合格品を区分して、捨てるのかと思いきや、形成機内に再度投げ込んで、練り込み原料の足しにする。200度の油で揚げたばかりの熱をもった不合格品を、生の鶏肉原料の中に混ぜ込んでしまうのだ。当然、レシピよりも粉や油分も多くなり味は落ちるはずだが、従業員は5%以下の再添加なら、ばれないと開き直る。

コメント19

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「上海福喜事件@中国報道」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長