• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

デート費用が負担で恋愛できない?

  • 毎経エコノミー

バックナンバー

2014年9月2日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 韓国で恋愛、結婚、出産をあきらめる若者が増えている。恋愛まであきらめるとは、どうしてなのか。その理由は時間、お金、心理的余裕がないからだという。デート費用の負担がカップルの間で問題になり、別れる原因にもなると考える人が数多くいる。

 調査会社のマクロミルエムブレインが全国19~59歳の男女1000人を対象にアンケートしたところ、72.2%が「デート費用が原因で別れることもある」と答えた。「デート費用のせいで別れるのは理解できない」という回答は23.4%に留まった。

<デート費用を理由に別れる>(単位:%)
出所:マクロミルエムブレイン
注:19~59歳の1000人を対象に調査

 84.1%が「デート費用を男性に依存する女性が多い」と考えている。77.2%は「韓国社会では男性がデート費用をもっとたくさん負担すべき」だと答えた。

<デート費用の男女負担に関する意見>(単位:%、複数選択)
出所:マクロミルエムブレイン
注:19~59歳の1000人を対象に調査
<デート費用の男女負担に関する意見>(単位:%、複数選択)
出所:マクロミルエムブレイン
注:19~59歳の1000人を対象に調査

「韓国発 毎経エコノミー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長