• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

朝日誤報事件、中国の反応は

21世紀ネット事件とメディア不祥事の政治性

2014年9月17日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 先日、日本政治・経済をテーマとするベテランの中国人記者と食事をする機会があったので、朝日新聞の吉田証言(慰安婦問題)と吉田調書(福島原発問題)の大誤報についてどう思う?と聞いてみた。答えは予想していたように「吉田証言に誤りはあったが慰安婦問題がなかったわけではないし、吉田調書に誤りはあったが、福島原発の問題が解決されたわけではない」ということで、それ以上は、いずれ自分の記事に書くから、読んで、ということだった。そして「朝日の件は21世紀ネット事件と同じじゃないか」と言ったので、ほう、そういうふうに見ているんだ、と思った。

 今回は中国メディアが朝日新聞の誤報事件について、どう報じているか、どう考えているかを眺めてみたい。

中国紙「日本の徹底した右傾旋回の前兆だ」

 まず、東京に特派員記者も置いている人民日報系大衆紙・環球時報(9月12日)。

 吉田調書報道の撤回と読者の信頼を大きく傷つけたことへの謝罪、杉浦信之編集担当の更迭、木村社長自身が社内改革に筋道をつけてから進退を判断したいと、辞職を匂わせたことなど、会見内容を伝えた上で、こう論評した。

 「朝日新聞が直面するトラブルはこの一つだけではない。11日、木村は8月5日に紙面上で撤回宣言した1991年の慰安婦問題報道についても『誤った報道と謝罪が遅れたことについて、お詫び申しあげます』と述べた。…朝日新聞は報道撤回後、日本右翼メディアと政府・官僚の攻撃対象となり、『深い反省』を要求されてきた。11日に、安倍晋三首相はテレビ番組で『朝日新聞が慰安婦問題の誤報により多くの人に苦痛をもたらし、国際社会上の日本の名誉を傷つけた。これは事実だ』と発言した。…ある朝日新聞社員は環球時報に対して、『慰安婦問題は存在する。吉田証言に問題があったからといって、これを否定し、ついでに借金を踏み倒す、みたいなことはあってはならない。現在、慰安婦問題を認めないことがすでに日本政治の主流となっている。これは日本人の恥辱であり、日本の徹底した右翼旋回の前兆だ』と語っていた」

コメント26件コメント/レビュー

なんというか中国側の認識はいろいろ間違っているなあとしか。まず、朝日新聞は「リベラル」ではなく「リベラルを装った一部向けのオピニオン紙」と言った方がよいかと。そして、「誤報事件」ではなく「捏造事件」であること。知らずにそうだと思って報道したのが間違いだったのではなく、ばれないだろうと考えて嘘を報道したのがイアンフ(笑)であり吉田所長の聴取内容報道。そしてコトは左右の問題ではなく報道機関の姿勢そのものを問われている問題。いや報道機関を装った工作機関であると判明した事件といったほうがよいかと思われる。(2014/09/17)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「朝日誤報事件、中国の反応は」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なんというか中国側の認識はいろいろ間違っているなあとしか。まず、朝日新聞は「リベラル」ではなく「リベラルを装った一部向けのオピニオン紙」と言った方がよいかと。そして、「誤報事件」ではなく「捏造事件」であること。知らずにそうだと思って報道したのが間違いだったのではなく、ばれないだろうと考えて嘘を報道したのがイアンフ(笑)であり吉田所長の聴取内容報道。そしてコトは左右の問題ではなく報道機関の姿勢そのものを問われている問題。いや報道機関を装った工作機関であると判明した事件といったほうがよいかと思われる。(2014/09/17)

小国の新聞の世迷言を信じてたで済むわけがなく相手方が自滅した日本にとっては好カードです。(騙されたとはいえやっちゃいけないことがある駿河屋みたいなもの?)中国韓国米国などの傷口を広げて政治的に有効活用し今までこうむった日本の不利益を10倍返ししてほしいです。今までの経緯からカードの切り方がわかっているのかという心配はありますが。(2014/09/17)

いつもながら素晴らしい記事です。ゴシップといいながら丹念に取材をされておりとても勉強になります。「「朝日新聞って昔は文革を礼賛していたんですよ。慰安婦問題だって、最近まで事実を曲げてまで中国や韓国の立場にたって報じていたじゃないですか」と、説明したら、みな黙った。」 ← ほんと素敵すぎます!応援し続けます。(2014/09/17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長