• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ダライ・ラマ転生制度は終わるのか

中国政府とチベット亡命政府、駆け引きの行方

2014年9月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ドイツ紙によると、チベット仏教の最高指導者であるダライ・ラマ14世(79)がチベット仏教の転生制度を廃止する意向だそうだ。これに対して、中国政府は「チベット仏教の転生制度の管理と決定権は中国政府側にある」などと反発をあらわにしていた。

 一方で、ダライ・ラマ14世は「習近平は胡錦濤より開放的」と現政権をポジティブに評価している。とき同じくして、ダライ・ラマ14世が中国の仏教聖地・五台山に巡礼することを中国政府が内々に承諾していると、米国の華字ニュースサイト・博訊が伝えた。だが中国国内のチベット地域では今なお、現政権の宗教政策・民族政策に抵抗する焼身自殺が続いており2009年以来9月17日までに累計131人にのぼる。その状況で、中国とチベット亡命政府の間に妥協点を見いだせるのか。現時点での情報を整理しておきたい。

自分が最後のダライ・ラマになる可能性を示唆

 フランス国際放送RFI中国語版などによると、ダライ・ラマ14世は8月下旬にドイツを訪問、ドイツのチベット協会設立35周年記念イベントなどに参加し、講演を行った。この講演では、チベット仏教の伝統は個人にのみ受け継がれていくのではなく、博学な僧侶が学者らによって、すでにシステム化されている、と語ったという。

 ドイツ紙ウェルトのインタビューでは、中国については、民主化の方向に行かなければならない、そうしないと孤立化の道をいくことになる、との認識を示した。また習近平国家主席の反腐敗について、相当勇気があると評価し、中国が国際社会と方向性を一致させ、人権を尊重し、法治と報道の自由など普遍的価値観を共有するようになることへの期待を示した。ダライ・ラマの転生問題については、かつてダライ・ラマ14世は「転生する場合は海外のチベット人に転生するのであって、中国国内においてではない」といったことがあった。ウェルト紙によれば、自分が最後のダライ・ラマになる可能性も示唆したという。この発言は世界を驚かせ、特に中国は強い反発を示した。

 外交部報道官は「ダライ・ラマ14世は目下、人に言えない政治動機によって歴史の否定・歪曲を企み、チベット仏教の正常な秩序を大きく破壊しようとしている。中央政府とチベット伝統仏教人士および広大な信者群衆はこれを認めることはない」と、批判した。

コメント0

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「ダライ・ラマ転生制度は終わるのか」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授