• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

蟻族の新たな巣、「北四村」探訪記

流浪する高学歴ワーキングプアたち

2014年9月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 古巣の“唐家嶺村”を追われた“蟻族”はその後どうしているのか。久方ぶりに訪れた北京で筆者は蟻族の新たな巣を探訪した。そこには貧困にもめげず、明るい未来を夢見て懸命に生きる高学歴の若者たちの姿があった。

蟻の巣のような小部屋から都市へ通う高学歴者たち

 ところで、蟻族とは何か。2012年出版の『“現代漢語詞典(現代中国語辞典)”(第6版)』には、「“蟻族”」という新語が採録され、「高等教育を受け、都市と農村の結合部あるいは都市近郊の農村に集まって住み、大都市で就職して働く若者」を意味するとある。蟻族という言葉は、2009年9月に当時“北京大学”の博士研究員であり、現在“対外経済貿易大学”の教授である“廉思(れんし)”が、北京で高学歴ワーキングプアたちの実態を1年9カ月にわたって調査した結果を取りまとめて出版した本の書名『蟻族:大学卒業生が集まり住む村の実録』<注1>に由来する。

<注1>2009年11月6日付本リポート「“蟻族”急増中、大学は出たけれど…」参照。なお、廉思著の『蟻族』は、2010年9月に日本語訳本『蟻族 -高学歴ワーキングプアたちの群れ』が出版されている。

 廉思が2008年から行った実態調査の主たる対象地域は、北京市の西北部にあり、“五環路(環状5号線)”の外側に位置する“海淀区西北旺鎮”の“唐家嶺村”であった。当時の唐家嶺村には北京全体で10万人を数える蟻族の半数に当たる5万人ほどがひしめきあって暮らしていた。彼らは明日への飛躍を夢見て、1日2回の食事、市中心部にある職場までの往復4時間のバス通勤などという過酷な生活に耐えて、家賃と生活費が安い唐家嶺村に集まって暮らしていた。彼らが唐家嶺村に集まったのは、自然発生的なもので、誰に命じられたものでもなかった。彼らの住み家は地元民である農民たちが違法に建築した安普請のアパートで、アパートの中は蟻の巣のように小さな小部屋が並んでいたのだった。

 廉思の著作『蟻族』が評判となり、“蟻族”という言葉が流行語になった2009年の11月頃、海淀区のNo.1である区党委員会書記の人事異動があり、新たに任命された書記は唐家嶺地区の全体整備および旧村改造作業の実施を打ち出した。その最大要因は多くの安普請のアパートが極めて狭い間隔で建てられていることにあり、万一にも火災が発生したら大惨事を招きかねないばかりか、海淀区指導部の責任が追及される可能性があった。その責任を回避するためには、違法建築を理由に、蟻族の住む安普請のアパートの取り壊しは不可欠であった。こうして唐家嶺村に居住していた蟻族たちは、家主から一斉に安普請のアパートからの退去を要求され、2010年5月の取り壊し開始を前提に次々と唐家嶺村からの移転を開始した<注2>。

<注2>2010年4月23日付本リポート「北京最大の“蟻族”集落はどこへ?」参照。

コメント4件コメント/レビュー

朝の出勤時間に取材をしてこないといけないと思います。 乗車待ちの行列が2kmも本当にあるのか、取材していないのでは、この記事に価値はない。 ほかの内容も想像して書いているのではないのかと思われてしまいます。(2014/09/29)

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「蟻族の新たな巣、「北四村」探訪記」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

朝の出勤時間に取材をしてこないといけないと思います。 乗車待ちの行列が2kmも本当にあるのか、取材していないのでは、この記事に価値はない。 ほかの内容も想像して書いているのではないのかと思われてしまいます。(2014/09/29)

何も全部、区画整理しなくても、川の字に並んでいる3つの建屋の内、1つを潰して道にするだけで良さそうなのに。しかも地下鉄料金を従量制にしたら蟻族を追い払うには有効でしょうが、不満分子を増やすだけかと。(2014/09/29)

彼らは、かっての日本の学生たちのように特殊な組織に属しながら暴動、革命などに走らないのでしょうか。(2014/09/26)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長