• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

変化する大学の役割、米国の“実情”

「大学の実学化」とはどういう意味か

2014年11月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米マサチューセッツ州にあるハーバード大学のキャンパス(AP/アフロ)

 日本では、大学教育をもっと実践的な内容に編成し直すべし、「G(グローバル)」と「L(ローカル)」に区分すべし、といった話が最近話題になっているやに聞く。私事だが、筆者の長男は現在受験真っ最中で、アメリカの大学を受けているので、直接関係ないとはいえ、何となく気になっている。

 「大学の実学化って、いい考えじゃなーい?」と気楽にツイートしたら、日本の方にものすごく噛みつかれてしまったのだが、アメリカにおける大学の「多様な区分」というのは、悪くないのではと思うところもあり、これから子供を大学に送り出す親としての見方を少々お話ししてみたい。

リサーチ大学とリベラルアーツ大学

 日本で報じられるアメリカの大学の話というと、ものすごく学費が高いこと、名門大学の熾烈な入学競争、それが格差社会を助長していること、などといった「話として面白い」ことがもっぱら語られているように思う。これらはいずれも事実なのだが、ものすごく大きくて多様なアメリカの「大学シーン」のごく一部にすぎない。

 海外から子供をアメリカの大学に入れようと必死になっている親御さんたちの中には、「ハーバード」しか知らない人が少なくない。知っていてもほかの大学は無価値と思っている人もいる。

 だから、ハーバードには世界中から頭脳優秀な受験生が殺到する。私の韓国系の友人は、子供の希望進路も個性も無視して無理やりハーバードに入れようとする韓国の親たちの風潮を嘆き、何とか子供たちを助けようと、その子に合った大学を勧める米国大学進学コンサルタントをやっている。

 東のハーバードと西のスタンフォードの2大名門校では、学部の合格率(受験者全体数に対して、大学が入学許可を出す合格者の比率)が5%台(US News & World Reportのランキングによる)であり、ほかの名門大学と比べても格段に低い。背景には、「記念受験」的な動きに加え、こうした世界の親の風潮もありそうだ。

 一方で、事情通のアメリカ人受験生の間では、「ハーバードを蹴って、(多分日本の人なら聞いたこともない)小さな大学に行く」というケースも見かける。

 理由はいろいろあるが、一つの大きなファクターは「リサーチ大学vs. リベラルアーツ大学」の区分だ。

コメント14

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「変化する大学の役割、米国の“実情”」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官