• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

台湾地方選挙「馬英九NO」の意味

若者の覚悟が動かす台湾、問われる日本

2014年12月3日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 11月29日に投開票が行われた台湾の地方選挙がすごいことになった。これは6つの直轄市長(台北、台中、台南、高雄、新北、桃園)ほか、直轄市議375人、県市長16人、県市議532人、郷鎮市長198人、郷鎮市民代表2096人、村里長7851人、山地原住民区長6人、同区民代表50人を選出する9つの選挙を一度に行い、通称「九合一」選挙と呼ばれている。で、この結果が1949年、台湾の国民党統治が始まって以来の記録的な国民党大敗北を喫する結果となったのだ。

惨敗という言葉でも足りない

 台北市長選では国民党名誉主席・連戦の息子、連勝文候補を相手に、57.16%の得票率で、無所属新人の柯文哲候補が当選した。柯候補は台北大学付属病院の元外科医、経験ゼロの「政治素人」で、口下手で、人見知りで、およそ政治家向きではないと思われる。だが、医者としての人望の高さもあって、市民からおおむね好感をもたれていた。

 一方、国民党の対立候補の連候補は祖父の代から国民党の中心にいる政治家サラブレッドでありながら、聞くところでは国民党内の人望はあまり高くない。一般市民にしてみれば、連戦名誉主席は資産200億NTDを隠し持つと噂される特権階級であり、中国利益の代表であり、その親の威と金を借りたドラ息子という印象だ。総統の馬英九と連戦は犬猿の中なので、連家に台北市を牛耳らせたくないという意思もあって、党内のバックアップが十分でなかった、と聞いている。だが台北はいわば「首都」であり、国民党の牙城。無所属新人が簡単に勝てる選挙では本来なかったはずだ。

 台北以上に驚いたのが台中と桃園で民進党候補が勝ったことだった。台中はマフィア勢力の強い地域で、3期13年を務めた現職・胡志強候補は、いわゆる国民党的金権政治の権化みたいな人物。台中の選挙といえばマフィアが集票マシーンとなってかなりえげつない。

 だがその土地で、民進党の林佳龍候補が57.06%の得票率で当選。桃園は国民党の地盤で事前の世論調査でも国民党圧勝と見られていた都市。さらに新北の国民党ホープ、将来の総統候補と目される朱立倫候補の辛勝ぶりが、他都市の敗北よりもショックだったにちがいない。16県市長も国民党がとったのはわずか5県。惨敗という言葉では足りない負けっぷりである。

コメント26件コメント/レビュー

これはすぐ解決しない問題。必要は発明の母と言われるように元々苦労のある所に内容ある人や行動が生まれるので、日本に再びそうしたものが新たに生まれる為にはやはり幾何かの犠牲を要するのかも知れない。12月のTVを観ても特に若手はいずれもが稚気渙発の志士ばかりといった有様で、一方先日Wで辞任した人も早や出て来るそうで、果たしてつい最近頭を下げたのは本気だったのか、いくら何でも世間を舐め過ぎではないのかと逆にこちらが心配になる。総じて勝てば官軍というどさくさ感もあり、無論進んでそこに入れたくはないのだけれども何しろ対抗馬が悪過ぎ殆ど「厄災」レベルのなので、流石にまだ喉元に熱さの残る今、あれを大々的に持ち上げようという無責任な馬鹿騒ぎを今回はやらないようなのでその点のみ少し安心している。日常、世襲と知名度を利用した政治家の発言・行為を観るにつけ、たしかに最早傍観も看過も出来ないところ迄来ており、ゆえに世襲・有名度等に頼らない精神内容と頭脳を持った人々を政の場に送り込む仕組み作りと、人材育成の社会改善をよく考えじっくりと継続して行う必要を感ずる。(2014/12/04)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「台湾地方選挙「馬英九NO」の意味」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

これはすぐ解決しない問題。必要は発明の母と言われるように元々苦労のある所に内容ある人や行動が生まれるので、日本に再びそうしたものが新たに生まれる為にはやはり幾何かの犠牲を要するのかも知れない。12月のTVを観ても特に若手はいずれもが稚気渙発の志士ばかりといった有様で、一方先日Wで辞任した人も早や出て来るそうで、果たしてつい最近頭を下げたのは本気だったのか、いくら何でも世間を舐め過ぎではないのかと逆にこちらが心配になる。総じて勝てば官軍というどさくさ感もあり、無論進んでそこに入れたくはないのだけれども何しろ対抗馬が悪過ぎ殆ど「厄災」レベルのなので、流石にまだ喉元に熱さの残る今、あれを大々的に持ち上げようという無責任な馬鹿騒ぎを今回はやらないようなのでその点のみ少し安心している。日常、世襲と知名度を利用した政治家の発言・行為を観るにつけ、たしかに最早傍観も看過も出来ないところ迄来ており、ゆえに世襲・有名度等に頼らない精神内容と頭脳を持った人々を政の場に送り込む仕組み作りと、人材育成の社会改善をよく考えじっくりと継続して行う必要を感ずる。(2014/12/04)

もはや、初老に近いおっさんです。「意識高い系」が胡散臭いのは当然でしょう。彼らは、60年代安保の置き土産であり、そういう意味では今や老人となった当時の愚かな若者の後継者です。その意味で、年齢が上の我々が彼らを笑うのは、天に唾する行動です。日本の若者が幼稚に見えるのは、軍事という国家の重要政策を封印し続けてきた結果でしょう。その意味では、ネトウヨと卑下される彼らこそが、国防を考え始めたという点で、ようやくまともになり始めた萌芽なのだと理解しています。もちろん、現状では萌芽にすぎず、情けないほど幼稚なのは明白ですが。いずれ、国防をきちんと考えた上での国家戦略を立てられる若者世代が登場してくると考えています。問題は、それまで日本を持たせられるかどうかであり、それは今までまともな国防方針など考えてこなかった中高年世代の責任です。(2014/12/04)

>「反フジテレビ/反韓流デモ」のことに言及していることがいるが、あんなのファッションじゃん ・・・と切り捨てるべきでないのは、あのデモが戦後初めての「政治団体とは無関係に行われたデモ」であることがエポックメイキングだったからです。政治主導ではないことで個人がリスクを自発的に負うデモが行われたことは、日本の民主主義の成熟化を示すものですのでもっと評価されてしかるべきと思っています。(2014/12/04)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員