• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

国民にそっぽ向かれた「第2子出産容認」

人工妊娠中絶手術は年間1300万件

2014年12月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2013年11月15日、中国政府は11月9~12日に北京で開催された「中国共産党第18期中央員会第3回全体会議(略称:3中全会)」で採択された『改革の全面的深化における若干の重大な問題に関する中共中央の決定』の全文を発表した。同決定は多岐にわたって改革項目に言及していたが、最重要事項の一つである「計画出産」については画期的な改革を打ち出していた。それは、「計画出産という基本国策を堅持する」ものの、“単独(一方が1人っ子)”の夫婦には、“二胎(第2子)”の出産を認める“単独二胎”政策を正式に実施するというものだった。

“独生子女”から“単独二胎”容認へ

 中国が基本国策とする計画出産とは、1979年に始まった“独生子女(1人っ子)政策”あるいは“一胎化政策”、“一孩政策”と呼ばれるもので、1組の夫婦に子供は1人を義務付けたものだった。この政策は1975年に中国共産党中央委員会主席の“毛沢東”が“国家計画委員会”が提出した『1975年国民経済発展に関する報告』に対して「“人口非控制不可(人口は抑制しなければならない)”」と指示したことに端を発する。ちなみに、中国の人口は1975年当時9.2億人だったから、中華人民共和国が成立した1949年の5.4億人から26年間で3.8億人増えたことになる。この3.8億人は2014年6月時点の日本の人口約1.3億人の3倍に相当するし、平均すると毎年約1500万人ずつ増えた計算になる。

 当時の中国は貧しい発展途上国に過ぎなかったから、この調子で人口が増えたら経済的に立ち行かなくなるばかりか、食糧の確保にも事欠くようになる。そこで、1978年に中国政府は、「1組の夫婦が出産する子供の数は1人が最良、多くても2人、出産の間隔は3年以上を提唱する」方針を策定し、1979年下半期から徐々に全国へ普及させる形で始まったのが1人っ子政策であった。1983年5月には国家計画生育委員会主任の“銭信忠”が「“一胎上環, 二胎絶育(第1子を産んだら子宮内避妊具(IDU)を装着し、第2子を妊娠したら避妊手術をする)”」を提唱した。このため、1983年にIDU装着処置を受けた女性は1776万人、精管結紮(けっさつ)手術を受けた男性は532万人、卵管結紮手術を受けた女性は1640万人、人工中絶手術を受けた女性は1437万人となり、中国史上最高の記録を作った。

コメント2

「世界鑑測 北村豊の「中国・キタムラリポート」」のバックナンバー

一覧

「国民にそっぽ向かれた「第2子出産容認」」の著者

北村 豊

北村 豊(きたむら・ゆたか)

中国鑑測家

住友商事入社後アブダビ、ドバイ、北京、広州の駐在を経て、住友商事総合研究所で中国専任シニアアナリストとして活躍。2012年に住友商事を退職後、2013年からフリーランサーの中国研究者として中国鑑測家を名乗る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もう中山素平のような人物が銀行の頭取という形で現れることはないだろう。

佐藤 康博 みずほフィナンシャルグループ社長