• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

四番目の大虎、令計画ついに失脚

反腐敗という名の権力闘争、照準は地方派閥に

2015年1月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 中国共産党中央統一戦線部長の令計画の失脚が2014年12月22日、ついに発表された。前々から令計画は失脚すると噂されていた。薄熙来(元重慶市党委書記)、徐才厚(元中央軍事委副主席)、周永康(元政治局常務委員、元政法委書記)に続く、習近平の反腐敗キャンペーンターゲットの大虎の一人。この四人は「新四人組」とも言われていた。「四人組」とは一般に、毛沢東とともに文化大革命を主導し、毛沢東死去後に逮捕され、「クーデター計画容疑」などで裁かれた毛沢東夫人の江青はじめ張春橋、姚文元、王洪文の四人を指すが、習近平政権において「クーデターを画策した」とささやかれていたのが、薄熙来、徐才厚、周永康、令計画の四人だというのだ。

 だが、令計画は前3人とは明らかに派閥が違う。薄熙来、徐才厚、周永康はどちらかにというと江沢民派(上海閥)に属するが、令計画は江沢民と対立関係の胡錦濤の側近中の側近であり、共青団(共産主義青年団)のホープ。なのに、周永康らの罪に連座するとはどういうわけか?

 令計画とはどんな人物だろうか。その人間関係などを詳しくみてくると、中国政治の奥深さが見えてくる。

息子と全裸女性の死亡事故でも踏みとどまったが…

 ひょっとすると、胡錦濤が彼の失脚に抵抗するのではないか、という説も一時はあった。令計画がまだ中央弁公庁主任であった2012年春ごろ、令計画の息子が運転するフェラーリが北京市内で道路側壁に衝突して、同乗していた二人の女子大生とともに死亡するという謎の交通事故が起きた。これは同乗の女性たちが素っ裸であったというスキャンダラスなもので、当時の公安権力を握っていた失脚前の周永康の力を借りて隠蔽したと言われている。

 また、当時中央弁公庁主任であった権限を乱用し、中南海警備にあたる中央弁公庁警衛局を出動させて現場封鎖をしたともいわれている。この令計画の独断による隠蔽工作は胡錦濤の不興を買ったともいわれるが、それでも胡錦濤は令計画を守ることを選択する。事故直後からの外遊に令計画を同行させるなどして、事故と令計画の関係を疑う噂の打消しに加担した。

 だが6月には、大破した黒のフェラーリの事故現場写真とともに、事故の真相がネットニュースで暴露されてしまう。胡錦濤はそれでも令計画を擁護、令は中央弁公庁の仕事は失わざるを得なかったが、完全失脚ではなく、2012年秋に党中央統一戦線部長という新しい役職に転出を果たした。

コメント3件コメント/レビュー

ゴシップ雑誌のスキャンダルネタのようで、これが自称世界第2位の経済大国の幹部と驚くばかり。権力闘争は物凄いものがあるね。この国が、果たして世界の指導者の一員のなれるのか、あり得ない。こんなに矛盾した国はいつか崩壊する。(2015/01/28)

「中国新聞趣聞~チャイナ・ゴシップス」のバックナンバー

一覧

「四番目の大虎、令計画ついに失脚」の著者

福島 香織

福島 香織(ふくしま・かおり)

ジャーナリスト

大阪大学文学部卒業後産経新聞に入社。上海・復旦大学で語学留学を経て2001年に香港、2002~08年に北京で産経新聞特派員として取材活動に従事。2009年に産経新聞を退社後フリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ゴシップ雑誌のスキャンダルネタのようで、これが自称世界第2位の経済大国の幹部と驚くばかり。権力闘争は物凄いものがあるね。この国が、果たして世界の指導者の一員のなれるのか、あり得ない。こんなに矛盾した国はいつか崩壊する。(2015/01/28)

何が出所か分からないゴシップを並べて、中国の現状を嘆いていても始まらない。日経ビジネスオンラインもただ嫌中派が溜飲を下げる記事ばかり載せていないで、これ以上の嫌中感情の増殖をどうにかすべきだ。日経BPから出ている『日本人が中国を嫌いになれないこれだけの理由』でも読んだらどうか。(2015/01/21)

まあ、なんというか、要はあの国の支配層は、皆叩けば莫大な埃が舞い上がるということか。ご自慢の四千年の歴史とやらも、国の発展など二の次でこんなことばかり繰り返してきたのかと思うとなんとも哀れ。まだこの先二千年は続きそうだ。(2015/01/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授