• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ギリシャとEUが正面衝突?

怖いのは、経済危機の飛び火よりポピュリズムの台頭

2015年2月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ギリシャ総選挙で圧勝したアレクシス・チプラス党首を迎える市民

 ギリシャにとって、運命の時が刻一刻と近づきつつある。2月16日にブリュッセルで開かれたユーロ圏財務相会合(ユーロ・グループ)では、緊縮策の撤回を求めるギリシャと、緊縮策の変更を拒否する加盟国の間で意見が対立。財務相たちは、2月末に期限切れとなるギリシャへの融資プログラム延長の条件について、合意に達することができなかった。

 財務相会合のイェルーン・デイセルブルム議長(オランダ財務相)は、会議の後の記者会見で「全てはギリシャ政府の出方次第」と厳しい表情で語った。ギリシャが3月1日以降新しい融資を受けるためには、EUが求めている緊縮策を継続することを2月20日までに約束し、申請を出さなくてはならない。その先には、各国議会の承認を得るというハードルも待っている。チプラス政権について批判的なドイツでは、議員たちが融資に強く抵抗することが予想される。

 2月18日には「ギリシャ政府が妥協する方針」という報道が流れたが、緊縮策に関する他のユーロ圏加盟国からの要求をギリシャが全て受け入れるかどうかは、未知数。2月20日になってもギリシャが緊縮策の継続を約束しない場合、ギ リシャがユーロ圏を離脱(Grexit)する可能性が一段と高まる。

 先月末のギリシャ総選挙で首相の座に就いた急進左派連合の党首、アレクシス・チプラスは、当初から欧州連合との対決色を強く打ち出していた。

援助プログラムからの脱退を宣言

 そのことは、2月8日にチプラスがギリシャ議会で初めて行った所信表明演説にはっきりと表われている。彼は、「我が国は、EUが押し付けたギリシャ援助プログラムから脱退する。我々は、援助プログラムが与えた傷を癒し、被害を受けた市民たちに手を差し伸べる」と宣言した。

 彼が言う援助プログラムとは、なにか。EU加盟国と国際通貨基金(IMF)は、2009年末に債務危機が表面化して以降、ギリシャが債務不履行に陥るのを防ぐために、総額2400億ユーロ(約32兆円)の融資を行ってきた。また欧州中央銀行(ECB)は、ギリシャの大手銀行が倒産するのを防ぐために緊急流動性援助(Emergency Liquidity Assistance=通称ELA)という援助プログラムも実施してきた。

 EUとIMFは、これらの援助を行う条件として、ギリシャに対し、歳出削減と増税による財政の建て直しと、市場開放や規制緩和による経済構造の抜本的な改革を要求した。だがチプラスは、「EUの援助プログラムは、我が国に深い傷を与えた」として、選挙戦の中で公約した通り、このプログラムからの脱退を宣言した。

 債権者の代表、つまりEU、IMF、ECBは、ギリシャの経済改革の進捗状況を監視する調査団(通称トロイカ)を定期的にアテネに派遣し、同国の一挙手一投足に目を光らせていた。オスマン・トルコによって約400年間にわたって支配された経験を持つギリシャ人は、外国人による統制を強く憎む。このため同国政府の箸の上げ下げにまで文句をつけるトロイカは、ギリシャ市民の怨嗟の的だった。有権者たちはついに堪忍袋の緒を切って、極左・極右のポピュリストたちを政権につけた。

コメント3

「熊谷徹のヨーロッパ通信」のバックナンバー

一覧

「ギリシャとEUが正面衝突?」の著者

熊谷 徹

熊谷 徹(くまがい・とおる)

在独ジャーナリスト

NHKワシントン特派員などを務めた後、90年からドイツを拠点に過去との対決、統一後のドイツの変化、欧州の政治・経済統合、安全保障問題、エネルギー・環境問題を中心に取材、執筆を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の未来は、男性と同じ程度、女性のリーダーが作っていくものだと確信している。

ビル・エモット 英エコノミスト誌元編集長