• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

米欧のテックイベントに見る「IoTの正体」

ソフトウェアにハードウェアが乗る世界が日本企業に迫る変化

2015年3月23日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

サンノゼで開催されたデータ技術のカンファレンスで放映されたオバマ大統領のビデオメッセージの様子(写真:海部 美知)

 テック業界ではみんながいつも「次の大物(Next Big Thing)」探しをしているわけだが、そのテーマはこのところすっかり「IoT(Internet of Things=モノのインターネット)」に集約されてきた感がある。

 IoTとは、人がネット通信を行うのではなく、機械やモノを(場合によってはセンサーやメーターを介して)インターネットにつなぐ仕組みである。1つの機械ともう1つの機械同士が1対1で通信するのでもよいが、普通は多数の機械がインターネットを介してクラウドに接続し、クラウドに機械が発するデータを集めて、それを加工してサービス化する。

 IoTと一口に言っても、非常に幅が広い。少し前の一般的な報道では、IoTというと「グーグルグラス」や「アップルウォッチ」のようなウェアラブル端末のことと思われがちな時期もあった。しかし、2015年1月にグーグルグラスが販売中止となり、アップル以外のスマートウォッチがこれまで苦戦していることもあって、ウェアラブル熱は現実的なレベルに落ち着きつつある。

 一方で、シリコンバレーでは着々と、一斉にいろいろな方向に向け、技術開発、新規投資、M&A(合併・買収)などが大きく動いている。スマートカーやスマートホームのような消費者向けサービス、スマートグリッド(次世代送電網)や施設保全などの公共・企業の機械データ利用、ロボティクスなどのフロンティア的技術などなどだ。

 この1月にラスベガスで開催された家電展示会「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で、各種の消費者向けIoT製品が多数出品されていたのをご覧になった読者も多いだろう。

 最近のテック系イベントなどで見る限り、これは単なる短期的な流行ではないと私は思っている。そんな流れの中でシリコンバレー的に見ると「IoTとは一体何なのか」。少々記してみたい。

「Tech MomのNew Wave from Silicon Valley」のバックナンバー

一覧

「米欧のテックイベントに見る「IoTの正体」」の著者

海部 美知

海部 美知(かいふ・みち)

エノテック・コンサルティングCEO

ホンダ、NTT、米ベンチャー企業を経て、1998年にエノテック・コンサルティングを設立。米国と日本の通信・IT(情報技術)・新技術に関する調査・戦略提案・提携斡旋などを手がける。シリコンバレー在住。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長