企業分析5分間レッスン、日経会社情報でここまで分かる

赤字転落でも経営陣に期待

[第34回] 大型買収で誤算の資生堂

2017年11月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

資生堂は1872年に創業された会社で、国内業界のトップシェアを誇るだけでなく、高級スキンケア商品と世界的にも高いブランド力を持つ優良企業です。同社の株価上昇は目を見張るものがあります。2013年3月に1,327円だった株価は、その後上昇し、2017年11月には5200円台と4年間で4倍に跳ね上がりました。

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「企業分析5分間レッスン、日経会社情報でここまで分かる」のバックナンバー

一覧

「赤字転落でも経営陣に期待」の著者

林 總

林 總(はやし・あつむ)

公認会計士

外資系会計事務所、監査法人勤務を経て開業。国内外でビジネスコンサル、管理会計システム導入コンサルのほか、大学で実践管理会計の講義を行っている。また管理会計の草の根活動として、団達也会を主宰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスDigitalトップページへ