連載

気鋭の経済論点

日本版FITは最悪の失敗政策

2030年度までに国民負担は44兆円

2017年11月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「固定価格買取制度(FIT)」による再生可能エネルギーの買い取り総額は2030年度までの累計で59兆円に。国民負担も44兆円と過大であり、打ち切りも視野にFITの抜本的な見直しが急務だ。

朝野賢司(あさの・けんじ)
電力中央研究所 上席研究員

1974年生まれ。2006年京都大学大学院地球環境学舎博士号取得。産業技術総合研究所を経て、07年電力中央研究所入所。バイオマス、再エネの導入課題を研究。

 政府が2015年にまとめた「長期エネルギー需給見通し」では、太陽光発電に代表される再生可能エネルギーの比率を「2030年度に22~24%」という目標を定めている。これは、これから15年間に再エネ比率を7~9ポイントも高めることを意味している。

 再エネ普及のため政府が12年7月から実施しているのが「固定価格買取制度(FIT)」である。再エネ由来の電力を、20年間などの長期にわたって「固定」した価格で、電力会社(送配電事業者)に買い取らせることを法律で義務づけたものだ。

日経ビジネス2017年11月20日号 80~81ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「気鋭の経済論点」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスDigitalトップページへ