連載

堤 清二 先見と誤算|西武・セゾンが問いかけるもの(第6回)

吉野家が見た救世主の虚実

2017年12月22日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

多くの企業再建を手掛けた堤は、周囲の反対の中で吉野家も支援した。異例の決断は保守化するセゾンに対するアンチテーゼの意味があった。だが吉野家は総帥への忖度がはびこるセゾンの病に直面することになる。

堤清二(つつみ・せいじ)
(写真=村田 和聡)
1927(昭和2)年、東京都出身。東京大学卒業後、父親で衆議院議長だった堤康次郎の政治秘書を経験。54年に西武百貨店入社、66年に同社社長。父が築いた西武鉄道グループから独立した西武流通グループ(セゾングループ)を育て上げた。91年グループ代表を辞任。経営者時代から、辻井喬のペンネームで詩集、小説などを多数執筆。2013年に86歳で死去。

 「役員たちは下を向いていた。下を向いているのは、内心では反対だったということ。百貨店業界で劣っていた西武のイメージがようやく上がってきたところなのに、堤さんが今度は牛丼の吉野家を支援するというのだから」

 1980年に会社更生法の適用を申請した吉野家の支援に、セゾングループが乗り出すかどうか。それを決める役員会の光景は異例だった。役員会事務局の仕事をしていた林野宏(現クレディセゾン社長)の証言だ。

 支援される側の吉野家の内部でもセゾングループとは社風が合わないという声が多かった。

日経ビジネス2017年12月25日・2018年1月1日号 76~70ページより

この記事は
日経ビジネスDigital(雑誌デジタル版)」の有料記事です。
ログインすることで全文をお読みいただけます

日経ビジネスDigital
無料体験(7日間)に申し込む
無料ポイントで読む

すべての有料記事が7日間読み放題

日経ビジネスオンライン会員(無料)
の方は、月3本までお読みいただけます。

申し込み初月無料。月初がお得!

「堤 清二 先見と誤算」のバックナンバー

一覧

「吉野家が見た救世主の虚実」の著者

鈴木 哲也

鈴木 哲也(すずき・てつや)

日経ビジネス副編集長

日本経済新聞社で小売業、外食のほかビール、化粧品、衣料など消費財関連を幅広く取材してきた。03~07年はニューヨークに駐在。企業報道部デスクなどを経て、15年10月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスDigitalトップページへ